From editors 「編集部からこんにちは」

2016.6.27

小柄でも似合うドレスアップとは?【151㎝バタやんのパーティデビュー編】

こんにちは、編集・川端です。先日、ブランドのディナーパーティに出席する機会がありまして、遅まきながらデビュタントを果たしました。小柄な大人のパーティドレスアップについて、学ぶことの多かったこの機会、みなさまに実録公開いたします!

世界中から海外プレス200名近くが招待されるヴァシュロン・コンスタンタンのディナーパーティへのご招待。大草編集長にお伴として(写真は編集長の美しいお背中♡)、無類の時計好きのバタやん「行きたいです!はーい!」と元気良く手を挙げたものの、、、よくよく聞いてみたところ「ドレスコードはカクテルドレス」とのこと。

か、かくてるどれす!!

ぱ、ぱーどぅん??

Googleさんで調べたところ、カクテルドレスとは丈の短いイブニングドレス。セミフォーマルなドレスコードでロングドレスである必要はない、という意味。(いやむしろ難しいですって!)

編集長、どうしましょう。
バタやん、ぱーちーに着ていくドレスがありません!
かぼちゃの馬車もありません(涙)

急遽ドレスを新調するには時間がなく。ミモレでお世話になっているファッションブランドにお借りすることも検討しましたが、小柄な私にはサンプルサイズは大きく、気が付いたらお胸がポロリ、何てことがあっては大失態!(汗)結局、編集部の先輩方のドレスを借りることに。

試着してみます。

川良先輩からお借りしたのは、デザインワークスの鮮やかなブルーのワンピースにクリスチャンルブタンのパンプス。背の高い人なら膝が出る長さですが、私だとちょうど隠れるくらい。
アーバンリサーチ クチュールメゾンのジャンプスーツ。これは普段の仕事着の延長っぽくて着やすいです。トップスのドレープがキレイ。トップスが白いと顔周りが明るく。
ロベルト・カヴァリのタイトフィットなプリントワンピ。意外と似合っている気も⁉︎ なんとか着られたけど、1ミリも食事ができなそう(汗)
大草編集長のタクーンの白いワンピース。ギリシャのキトン風のオリエンタルなシルエット。私が着ると膝下より長めの丈感がクラシカル。

さて、バタやんはどのドレスにしたでしょうか?

次ページでは、当日のドレスとヘアメイクを実況します。