スタッフの“今日のコーデ”

2016.10.3

人にたくさん会う日のオールインワンby大森葉子

ミモレは『with』編集部と同じフロアにあるので、エレベーターホールにはwithのポスターがたくさん貼られています……ミモレは大草編集長をポスターにするしかないですね(笑)。にしても、写真を撮られることにいっこうに慣れない感じがよく出ている一枚ですな。

はい、またまたオールインワンです。こちら、あえてメリハリをつけていないであろう“おとぼけ寸胴デザイン”。でも、素材はシルク100%。ゆえに、なめらかな光沢があり、さりげなくカラダに沿いながら生地がストンと落ちていく優美な落ち感に一目惚れしたCOSのものです。

この日は、クライアントやスタッフとの社外打ち合わせ、発表会への出席といったオフィシャルな予定と、ちょっとオシャレして行きたくなるような店で友達とご飯というプライベートな予定まで、いろいろなシチュエーションでいろいろなジャンルの方に会う予定が盛りだくさん――どこか“おとぼけ”モードで自分らしさを固辞(?)しつつも、素材で“正装感”を漂わせることができるコチラをセレクトいたしました。

そして、こちら背中がガッツリ開いております。前から見ると“おとぼけ”なのに、後ろから見るとちょいセクシーのギャップもお気に入り♡ 
一見、マキシ丈のワンピースに見えなくもないので、うるさ方のおじさま相手でも最低限は対応できるのではないか、と勝手に思い込んでいます。

お店で試着した瞬間に、その場で小躍りしたいほど心を鷲掴みにされつつ、さらに「これは、かなりオールマイティな場面で対応できる!」と確信。ベルトやスカーフなどでウエストマークすれば、まったく違った表情になりそうなところもお気に入りの理由です。

こちらは夏のファイナルセールにて70%オフで購入しました。それもそのはず、174cmの私で床ギリギリの丈。丈詰めだけでなく、股上位置も調整しないとどうにもならないデザイン。そこまでのお直しを求められる服に人はなかなか手を出さないものです。背が大きいことで「なんだか丈が足りない……」と、泣く泣く諦めた服は数知れず。でも、背が大きいことで、こんなに可愛い服(私調べ)を、破格のお値段で入手することができたことを、ここに記しておきましょう(笑)! 

CREDIT :
オールインワン/COS
ピアス/海外で購入
バッグ/CELINE
靴/リーボック

大森葉子

主にビューティ担当。「今日は夏休み?」と聞かれてしまうほどの“ど”カジュアルと「今日は何かあるの?」と聞かれてしまうほどのデザイン性のある服が好き。ほぼ“一目惚れ”買い派。

これまで紹介したコーディネート一覧を見る