ミモレ編集部のリレー連載"これ、買ってもいいかな?"

2016.10.2

Plageで運命のライダースジャケットを見つけました! byバタやん

先日、レセプションに出席するため、川良先輩と代官山で待ち合わせ。少し早く着いたのでふらっと寄った「Plage(プラージュ)」で、目がハートになるブルゾンに出逢いました! そして買ってしまいました。(またバタやん“もう買っとるやーん”という話ですみません・汗)

じゃじゃ〜ん。こちらのブルゾンです。

今年はライダースジャケットが欲しいなと展示会やセールで見かけるたび、袖を通してみていたのですが、なかなかしっくりくるものがなく……。

そもそも、ライダースの形の“ハードさ”と黒革のもつ“強さ”が、私自身の肌色や体型やキャラクターと合ってないのかもしれない。なんかどうも、“イキがっている少年”(懐かしい言い回し・汗)にしか見えないんです。もっとスラッと細いか、女っぽい容姿の女性が肩にさらっと羽織るからいいものなのねと自分を納得させ、泣く泣く諦めておりました。

ところが、Plageでトルソーに着せられていたコーヒー色のライダースを見て、むむむ、あれなら着られるかも!と。

黒革にこだわっていたから似合わなかったのか!濃いめのベージュなら、黒いスカートやブーツと合わせても重くなりすぎず女らしく着られそうです。3/8 per plage<トロワ ユイット パー プラージュ>Sheep veg ライダースブルゾン(ベージュ) ¥55000(税別)/プラージュ
Plage代官山店の可愛らしくて丁寧な店員さんが「もっと明るい色もありますよ」と出してきてくれたのがこちらのナチュラル(大草編集長風に言うと、ミルクたっぷりのロイヤルミルクティー色。少し赤みがあります)。3/8 per plage<トロワ ユイット パー プラージュ>Sheep veg ライダースブルゾン(ナチュラル)¥55000(税別)/プラージュ

どちらの色にするか散々悩み、川良先輩を連れてもう一度訪れて相談した結果、ナチュラルのほうにしました。薄めで柔らかいラムレザー。シワ加工もかかっていて、腕をまくったり、前を開けたり閉めたり、軽やかに着こなせそうです。

思いがけない大物を急に購入してしまい、ドキドキ、心拍数が……。家に帰って、最近買ったばかりの辺見えみりさんの新刊『EMIRI Coordinate Sample Autumn-Winter/183styles』に同じアイテムが載っているんじゃないかと目を皿のようにして探す。あった!!残念ながらえみりさん着用じゃなかったけど。真似しようっと。

早く着られる気温にならないかな〜と待ち遠しいです。

川端 里恵

ミモレでは主に美容とシステムを担当。身長151㎝。ストリートカジュアル育ちのため、ボーイッシュとプレッピーが大好き♡ですが、本当に学生に間違えられることも……。大人の素敵な女性を目指して日々これ精進なりです。

これまで紹介したアイテム一覧を見る