2016.11.16

きっとずっと大好きな、理想のトレンチコート by鈴木亜矢子

 


こんにちは! 編集部の鈴木です。
ここ最近の急激な気温の低下に、大草編集長はじめミモレ編集部のスタッフみんながみんな「秋はいずこへ…」とつぶやいていますが、本当にそう思います…(涙)

この日も寒かったのですが、手に取ったのはトレンチコート。取り外し可能なライナーがついているので、まだまだ着られるのです。私が愛用しているトレンチコートは、アクアスキュータムの定番のロングタイプ(色はハニーベージュです)。トレンチコートって、色々なところから色々なデザインが出ていますよね。アレンジを効かせたデザインものも可愛いなと思うのですが、やっぱりオーセンティックなタイプが、心落ち着きます。
でも、ただ”オーセンティック”というだけでは、まだまだ選択肢がありますよね。その中でも、私がアクアスキュータムのトレンチコートを購入した理由は……

①サイズが”4”からある!
→出自が軍服のトレンチコート。憲章やガンフラップ、袖のベルトなどの機能美を兼ね備えたオーセンティックなタイプは、身長152cmの私が、身体にフィットしていないサイズを着ると、”着られている感”が全面に出てしまう……。どんなにオーバーサイズのアウターが流行っても、トレンチコートだけはジャストサイズで着たかったのです。ちなみに、サイズ4は通常の5号くらいのサイズ感がそうです。

②セットインスリーブではなく、ラグランスリーブ!
こちらも”着られている感”に通じるのですが、なで肩の私は、セットインスリーブ(身頃と袖を縫い合わせたタイプ。肩の付け根に切り替えがある)のときに、自分の肩幅と切り替え位置がキレイに合わないのが悩みの種。その点、切り替えがなく、襟元から肩、そして袖までが一続きなっているラグランスリーブは、それを気にする必要がないのです。

と、大きく2つの理由からです。もちろん、水牛のボタンやベルトについたDリングなど、本格的なディテールも気に入っています♡


この日は、首元がボリューミーなニットだったので、ヘアはタイトに。そこに、大ぶりのイヤリングをオンしました。

 

このイヤリングは、ずーーーっと欲しかったST,CATのもの。実は、Snap Snap!でも愛用者多数(フリーランスPRの足立さんcherの南さんなど)。基本的に1点ものらしく、なかなか手に入らなかったのですが、こちらはcherのPOP UP STORE(11/15まで、六本木ミッドタウンの伊勢丹サローネで開催していました。お知らせがこのタイミングで、本当にごめんなさい…)で出会いました。
右と左でデザインが違う、アシンメトリーなタイプなので、両側から撮ってもらいました。




CREDIT :

OUTER/アクアスキュータム
KNIT/ドゥーズィエムクラス
SKIRT/ボールジィ

BAG/セリーヌ
EARING/ST,CAT
TIGHTS/ブルーフォレ
SHOES/イヴサンローラン

鈴木亜矢子

Snap Snap!などのファッションコーナーを主に担当しています。どちらかというとミーハーな方ですが、お買物は割と慎重派。身長は152cm(ときどき153cm!)です。

これまで紹介したコーディネート一覧を見る