フリーエディター有田麻奈美 「日々丸かじり」

2016.11.19

エルメス祇園店で私もディップダイ♡

 

京都・祇園、花見小路にある町家を改装し、「エルメス祇園店」が期間限定(今年11月3日から来年7月31日まで)でオープンしています。こちらでは、エルメスのものづくりや世界観に触れることができる、さまざまなイベントを企画。オープン当初の1ヶ月間は、スカーフ(中でもアイコニックなカレ)をテーマに「HERMESMATIC」というイベントを開催しています。このイベント、

手持ちのスカーフを持ち込むと、
後染め(ディップダイ)してくれるのだそう。
しかも、おひとりさま3枚までOK。
そして、なんと無料のサービスなのです。

1階ではエルメスオレンジにカスタマイズされた、高級家電ミーレ社の洗濯機がぐるんぐるん回っており、いきなり気持ちも盛り上がります。


さすがエルメス。ほんまに粋どすえ。
何はさておき祇園に行かなきゃ!
年末進行がはじまって
身動きが取れなくなる前に……。

ということで、すっかり日が暮れた平日の17:30、エルメス祇園店に到着。2階では京都に縁のある方やファッショニスタの方々の思い出のカレを「HERMESMATIC」で染め上げ、パーソナルなストーリーとともに展示していました。いつも素敵な写真を撮影してくれるカメラマンHIJIKAさんの“お母さまの形見のスカーフ”などを拝見しながら、この色だとこうなって、この柄だとこうなるなら、私のスカーフはどんな風に生まれ変わるのかと、一所懸命に想像力を膨らませてみました(2階のスカーフ展示は11月20日で終了です)。

ウェイティングリストに名前を入れてから90分後、順番が来たのでキレイなお姉さんスタッフに相談しつつ、持参したスカーフ4枚のうち、2枚を「ブルー」に、1枚を「ピンク」に「HERMESMATIC」してもらうことにしました💛

できあがりは、11月25日。ピックアップしたら、またご報告させてくださいね。

さて、「スカーフが似合う人」に憧れて、これまでいろんな素材や形を何枚も買ったけれど、いつまで経っても「スカーフがちっとも似合わなかった私」にさようならしたい。ハリハリで鮮やかな色彩の新品のまま、箪笥のこやしになっている美しいスカーフをきちんと使ってあげたい!

エルメス祇園店を訪問してから、急に“スカーフ愛”が加速中の私。「HERMESMATIC」しなかった残りのスカーフと、今回エルメス祇園店で購入した新スカーフを、おうちでWASHしてみることにしました。

次回(11月26日(土)UP予定)、“ハリのあるスカーフを少しこなれさせるには……”をご報告します。
“セルフ・ディップダイ”はさすがに勇気がなく……小市民な小心者でごめんなさい!

アーカイブ柄スカーフをディップダイしたエルメス祇園店限定スカーフ。訪問時、入荷分は完売しており、次回の入荷を待っている状態でした。イエローのディップダイ、素敵でした。