2017.1.18

小柄さんのハイライズのバランスについて考える
by バタやん

 

腰ではくボーイフレンドデニムにすっかり慣れきってしまい、「ハイライズデニムが流行り」と聞いてもなかなか手を出せずにいました。
でも1度トライしてみたんです。その最初のトラウマを告白させてください。試着室の中の鏡を見て、私が思ったことは

股上と股下が1:1

またまた大げさな~と思われるかもしれませんが(笑)、かなり股上が深めでしかもアンクル丈のものをはいてしまったため、異様に“お腹が長く”“足がちょびっと”なバランスになってしまったのです。試着室から出られない屈辱……うぅ(涙)。

そんな“1:1トラウマ”を払拭してくれるパンツにようやく出合いました!!

こちらのドレステリアのパンツ、デニムのように加工されたコーデュロイパンツなんです。

めげずにハイライズタイプをいろいろと試着した結果、小柄な私の結論としては

ハイすぎないこと
→ウエストの一番細い部分よりちょっと下くらいの”ハイライズ気味”くらいのバランス。フロントのジッパーの部分が長すぎないことも重要。

小技がきいていること
→オーソドックスなデニムだと「小6」感が(汗)。ダメージ加工があったり、ポケットにデザイン性があったり、“オシャレとしてあえてはいてます”アピールができるもの。

後姿のチェックが重要
→ハイライズはお尻も深い。ラインによってはお尻が長く見えてしまう場合も。お尻と股下が1:1になってないか要チェックです。

トップスにコンパクトなサイズのニットを着たらまた「小6」感が出てしまいました。オーバーサイズ気味のシャツやニットを軽くインして着るほうがバランスをとりやすいみたいです。

自分でもまだちょっとしっくりきていないのですが、新しいバランスは、自分が見慣れることも大事ですよね。チャレンジあるのみ!

CREDIT :
コート/イエナ(この日と同じ
ニット/マカフィー
シャツ/SINME
パンツ/ドレステリア
靴/チャーチ(この日と同じ
バッグ/エンダースキーマ(この日と同じ

川端 里恵

ミモレでは主に美容とシステムを担当。身長151㎝。ストリートカジュアル育ちのため、ボーイッシュとプレッピーが大好き♡ですが、本当に学生に間違えられることも……。大人の素敵な女性を目指して日々これ精進なりです。

これまで紹介したコーディネート一覧を見る