いま秋の美味しいものがたくさんあふれています。特に果実類は最高ですよね♡栗、ぶどう、梨…毎日楽しんでいます。

水羊羹に栗を乗せて錦玉羹で固めて、ひょうたんの抜き型で「ひさご」に。残暑が戻った秋の日に、喉ごしの良いお菓子です(長門製)

フレッシュな果物そのものがもちろん美味しいのですが、お料理やお菓子に姿を変えても本当に美味しくて、お食事の度に満腹状態です。
少し控えないととは思うのですが、なかなか…(精神力弱すぎです)
そして美味しいものを引き立てるのは食器類!昨年は京都の五条坂の陶器市に行きましたが、今年は自宅近くの上野公園での陶器市に出かけました。
公園の広場にたくさんの大きなテントがずらっと!、そしてこれまたたくさんのお店が大量の陶磁器を並べていて!!気持ちは上がりまくりでした。広告にも「日本各地のやきものを一度に見てまわれる」と書いてありました。まさに、大陶器市です。
私の陶器市の楽しみ方はずばり”直感”。悩んだら買うのは止めましょう主義です。ハンパものでもキズものでも、手に取るとしっくりくるものが必ずあるのです。そして大概にしてそういうものは格安です。
器の肌や質感が我が家のテーブルに、私のお料理に合うと思う!で決めちゃいます。

志野、益子など生産地は違いますが、テイストが似ていて自然と統一感が出ています(笑)

今回購入した器です。揃いも揃って土の色をしています。好みがわかってしまいますね。

並べた器にシャインマスカットや栗の渋皮煮やクッキーを乗せてみました。そうそうこういう感じ、好き♡

帰宅して、冷蔵庫や食品庫から選んだものをぽんぽんと乗せてみました。(自己満足ですけれど)ほら、やっぱり素敵〜♪
このお皿には煮魚と青菜、このお皿には牛肉と大根おろしなんてどうかしら?と作るお料理を想像してはにやにやしています。
あ、やっぱり食欲の秋!困った!!(笑)


毎日の空気感。instagramはこちらからどうぞ