昨年、福岡の太宰府に伺う機会がありました。短い時間での訪問でしたので太宰府天満宮にお詣りして参道で梅枝餅をいただいただけで帰路に。もう少し時間があったら良かったのにと残念でなりません。

太宰府天満宮の参道のアーケードには趣きのある提灯が下げられていました。梅鉢の紋は私の母方の家紋でもあります。ゆかりがあるのかなとちょっと嬉しいです♡
 

参道にある和菓子屋さんで大好物の「鬼まつば」を購入するためお店に入ると、可愛らしい麩焼きを見つけました。お正月にいただくのにぴったりで嬉しくなりました。

新年にちなんだ「子」、太宰府天満宮の鳥居と梅。シンプルで素敵です(太宰府梅園製)
販売日が限られているよもぎのお味の梅枝餅に遭遇!焼き立ての美味しさは格別でした♡

太宰府を後にし乗り込んだタクシーの運転手さんに相談し、時間が許すのであればぜひ!とお勧めいただき坂本八幡宮へ立ち寄ることができました。

風格ある石碑に見惚れてしまいました。

坂本八幡宮は「令和」ゆかりの神社で、昔々大伴旅人が住まわれていたことでも知られています。昨年の元号決定の時以来テレビなどで紹介されており、一躍有名になりましたよね。早いもので令和元年が半年ほどで終わり、今年は二年目。あっという間です。

坂本八幡宮は太宰府政庁跡のすぐ横にありました。悠久の時の流れに感無量…。

坂本八幡宮は小さな神社です。お正月にはこちらにたくさんの参拝客がいらっしゃるのでしょう。そのような想像もできないほど、普段は時間がゆっくりと流れるのどかな場所なのです。おおらかに平和にたたずむ坂本八幡宮のように、令和の時代がみなさまにとって穏やかでありますように。

丸鶏のガラでとった鶏スープでお雑煮もどきを。具材はさっぱりとお大根と人参と九条葱のみです。お箸は以前京都の柊家さんでいただいたもの。今日で三が日も終わりますね…。

 

Instagramでは普段のことをぽつぽつと。