雪が降る少し前の金沢に行きました。

デッキから見たグランクラス車両の入り口です。The和!

♪上野発のグランクラス乗った時から〜♪気分はうきうきです(笑)
生涯3度目の金沢旅。今回は比較的自由な時間があるので、どこに出かけようかしら♡期待は高まります。

金沢駅の鼓門をくぐって。木々には「雪吊り」がされています。

金沢に降り立つと、みぞれまじりの冷たい雨が降っていました。
アクティブに移動するためレンタカーを借りて、まずはお昼ごはん♪(←グランクラスでの軽食をすでに忘れています)
ひがし茶屋街の中をお散歩しながら、雰囲気の良いお蕎麦屋さんに!

ひがし茶屋街の路地にあるお洒落お蕎麦屋さんです。

町家を改装した店内にはジャズが。カウンターの内側にはアンプが並んでいて、真空管が転がっていた父の部屋をふと思い出しました。懐かしい雰囲気に包まれながら美味しいお蕎麦を堪能しました!

メニューを拝見していろいろ迷うわけです。能登のお海苔と菊の花びらが一面に広がる「花巻」がどうしても気になって頂いてみました。とっても優しいお味でこれはびっくりの美味しさでした♡

さてお腹もいっぱいになりました、雨も止んできました。よかった!訪れてみたかった尾山神社へ向かいました。

曇天でわかりづらいですが、神門の一番上の部分にステンドグラスがはめ込まれています。夜には明かりが灯るそうなので、いつか拝見してみたいです。

尾山神社は加賀藩主前田利家公を祀った神社です。キリシタン文化に深かった説がある利家公だけに、和洋ミックスモダン的な造りが見られたりして興味深かったです。 

神門の内側には精緻な彫りが施された扉や長押が!前田家の家紋の梅が見事でした。

そして知力武力に優れていた利家公にあやかって「勝つ」祈願をされるかたが多いとのこと…受験に仕事に人間関係に。なるほどね、と私もしっかりお詣りさせていただきました。

市役所の地下駐車場に車を停めて、柿木畠方面に出ます。城下町らしく石塀と用水路が街の景色に馴染んで素敵でした。

そしてもう一軒、ずっと伺ってみたかった甘味屋さんに!
金沢市役所や21世紀美術館(この時は改装中でした。残念…)からほど近く、武家屋敷までのお散歩コースでも良いかもしれません。
お店の裏には犀川からの用水路が静かに流れ、店内から冬の景色を楽しむことができました。

外がよく見えるお席に座らせていただきました。お庭の先に留石が見えます。そう、あの先は用水路なのです。落ちちゃう(笑)

たまたまこの時はお店に私だけ、素敵な空間を独り占めしちゃいました。

うわぁ…こんな美味しいの初めて(孤独のグルメ風に)

季節の金時芋のおぜんざいをお願いしようかな、でも少しでも長くお店にいたいな、と迷っていたらお店のかたが「そんなに大きくないですよ、ぜひ召し上がってみてください」とお声掛けくださって。
結局おぜんざいと葛切りのセット(笑)本当に美味しかった!

温かいおぜんざいと冷たい葛切り。伺ってよかった。ごちそうさまでした。

このあと石川県立美術館に立ち寄り、いろいろとお話を聞かせていただいていたらもう帰りの時間に。
あと1日あったなら、能登半島も行ってみたかったなぁ。
次のお楽しみといたしましょう。

可愛らしい梅のお菓子です(箔座×山海堂製)。金箔が乗せてあるのはさすが金沢。
もなかのふたをそぉっと開けると!お干菓子が現れます。可愛い。そして辻占も。これからよくなる私の運勢。

 

 

日常のinstagramもどうぞご覧くださいませ☆