マンネリに陥る冬の装い。

だからと言って高価なアウターで色を冒険するのも、ちょっと勇気が必要。持ち合わせのインナーとの組み合わせを色々と考えると、やっぱり定番色に落ち着きがち。

昨年、自分では絶対選ばないオレンジ(というか、柿色と言ったほうがピッタリ)のコートを購入しました。なぜそれを選んだかというと、サンドブラウン色とのダブルフェイスでリバーシブル仕様だったため。

ダブルフェイスのコートは昨年jonnlynxで購入したもの。裏の色が動く度に表情を変えてくれる。両面大活躍。

因みにリバーシブルを両面活用する派ですか?私の場合、ほぼ100%の確率で片面しか使わないことが多いです。

こちらを購入した際も、絶対サンド色しか着ないだろうな・・・と思って手に取りましたが、意外や意外。このコートに関してはインナーを変える度にひっくり返し、どちらの色もほぼ同じ使用率。

茶系の色はもちろん、黒やグレー系の沈みがちな色を一掃してくれます。華やかな色は人にも元気を与えるようで、「どこのですか?」って聞かれることも多い。

そして今年、「赤」がテーマカラーで、私も何となく手に取ってみたい!と思ってネットで購入したタートルのニットが手元に届いた色が、なんと柿色。ダークレッドと書かれていたものは、赤でなくオレンジに近い色だったのにびっくりでしたが(ネットは写真なのでやはり肉眼とは違うことも多く、要注意!)、かえってこの色でよかったかも・・・と、ちょっとした怪我の功名でした。

こちらのニットはGALERIE VIEのもの。柔らかく心地よい。

CASTANERのブーツも何も意識せず、気になっていたカタチにこの色が一番しっくりくる・・・と思って手に取ったら柿色だった・・・という(笑)。

ポイントカラーはいくつかポイントで使うとまとまり感も。CASTANERのブーツは履き心地と可愛さが◎!

このような行き当たりばったりショッピングは決して勧められることではないのですが、何となく頭にインプットされていたのでしょうか・・・見事に「柿色」が、この冬の差し色として大活躍。

何色にするかは人それぞれで良いと思うのですが、何か一点ポイントカラーを決めると、必然的にまとまり感も出てきてコーディネートも組みやすく、余計な買い物が減るのも確かです。冬の暗くなりがちな装いに華やぎを与え、マンネリ解消にも。

何となくで集まった「柿色」シリーズ。

ポイントカラーで古い服もリフレッシュ。オススメです!