SPRING ISSUE「キレイは元気から!」

2015.5.1

マニッシュなステーショナリーのすすめ

ファッションで男っぽさを取り入れるのが難しいときは、身近な持ち物、例えばステーショナリーをマニッシュにしてみてはいかがでしょうか? 気分もピリっと引き締まりますし、男性のようにこだわりの詰まった逸品を愛用するその”意外性”が逆に色っぽくも――。今回は、大草編集長の愛用品を中心に、オススメのステーショナリーを紹介します!

<上から>万年筆 ¥4,000/ラミー(DKSHジャパン カスタマーサービス) シャープペンシル¥1200/ステッドラー®(ステッドラー お客様相談室) ノート[ブラウン:無地(A5)]¥800、[水色:横罫(A5)]¥900/ともにノーブルノート(ライフ) 手帳(大草私物。同商品は廃盤となっており、モデルチェンジ後の商品価格は¥27000(ジャケットのみの価格))/アッシュフォード(シーズンゲーム) A4革ホルダー[ターコイ ズ、オックスフォード タン] 各¥18000/グレンロイヤル(ブリティッシュメイド 青山本店) ※すべて税別。

 万年筆 
ドイツでうまれたラミー。モダンなデザインのサファリシリーズは、軽くて丈夫なので、デイリーユースにぴったり。大草編集長はマットなブラックを愛用中です。

 シャープペンシル 
こちらもドイツうまれの製図用シャープペンシル。大草編集長はスマートなナイトブルーをセレクト。低重心、握りやすいグリップと書き心地も申し分ありません。

 ノート 
愛用しているカメラマンも多いライフのノート。実は、日本の”ものづくり”が凝縮されています。書き心地の滑らかさ、めくりのしなやかさ、そして色調のやわらかさまでこだわりぬいたオリジナルペーパーを、東京下町の職人が丁寧に製本しています。

 手帳 
使い込んで手に馴染んだ大草編集長私物のアシュフォードの手帳(こちらのフィナードシリーズは、ネオフィナードシリーズにモデルチェンジしています)。名入れの刻印サービスもあり、指定の文字数以内ならメッセージでもOK。いつも近くにある手帳に、オリジナルの刻印を忍ばせて。

 革のA4フォルダ 
ビニールが主流のフォルダが、ブライドルレザーで作られているという他では類を見ない一品。スコットランドの職人がハンドメイドしている、グレンロイヤルの革製品は、経年変化も楽しめます。


ステーショナリーって、意外と目に留まりやすいものです(自分でも他人からも)。何か1つでも、キリっとしたテイストのものを取り入れると、会話のきっかけになったり、新しい発見につながったりしそうです。(編集部・鈴木 亜矢子)

※商品のお問い合わせ先はこちら(SHOP LISTを参照ください。

■ファッションとメイクの関係性は>>コチラ

■キレイを作る素、元気の秘訣をご紹介しているコラム一覧はこちらから