「シンプルなコーディネートが寂しげに見える。年相応の華やかさが分からない」というお悩みの八重樫さん。(前回の記事はこちらから
さっそく、スタイリスト室井さんがおしゃれのお見立てを開始!

実際に洋服をあてながら、お見立てはサクサク進んでいきます。自分では選ばなさそうな意外なアイテムに「へぇ〜」と驚く場面も。

まず、お見立てのキーワードに上げたのが“色使い”。
「華やかさを意識してたくさん色を使う必要はないですし、むしろ抑えたほうが年相応でこなれて見えます。また、顔映りのいいピンクに頼らなくても、小物づかいやメイクで華やかさを補うことができます」(室井さん)

そこで選んだのがサンドベージュのシャツにカーキのワイドパンツの着こなし。膨張して見えないよう、シャツは全部パンツにインしてすっきりと。袖を少しまくって、襟も後ろだけ軽く立たせるとこなれ感がでます。そして、仕上げにゴールドの太バングルやストローバッグで華やかさや季節感をプラスしていきます。

あか抜けるコツは「色を使いすぎないこと」。八重樫智子さんの場合②スライダー1_1
あか抜けるコツは「色を使いすぎないこと」。八重樫智子さんの場合②スライダー1_2
あか抜けるコツは「色を使いすぎないこと」。八重樫智子さんの場合②スライダー1_3

シャツ¥26000(サンドを着用)/アッパーハイツ、ワイドパンツ(ダークトープを着用)¥27000/ハウント、バッグ¥24000/カタルツィ1910、バングル¥55000/エディ ボルゴ シューズ/私物

「顔がくすみそうでベージュ系って避けていました」(八重樫さん)

「ベージュ系トップスのときは、靴やアクセサリーで光りものを足すと地味に見えませんそしてメイクをオレンジ系にすると効いてくると思います」(室井)

お見立てのキーワードとして意識したのが「シルエット」。
シンプルなおしゃれが物足りなく感じた時は、いつもと違うバランスに挑戦することも大事。ゆったりめのシャツやブラウスに細身パンツという“上ボリューム、下スリム”のバランスをボトムだけワイドパンツに変更。“上も下もボリューム”というシルエットは、八重樫さんが目指す「ハンサムな個性」にもつながります。

「ワイドパンツって試してみるものの、なかなか似合うものが見つからなくて…」(八重樫さん)

「ワイドパンツは太って見えるのを懸念される方が多いですが、ウエストインを覚えればバランスよく着こなせます。あとは手間を惜しまず気になる部分はお直しすることです。レングスもウエストも、自分サイズにすればワイドも難しくありません。その場合、全体的にピタピタよりすこしゆとりがある方がエレガントに、そして痩せてみえると思います」(室井)

お見立ては続きます。次回は7/18に公開予定です。お楽しみに!

ヘアメイク/久保フユミ(ROI)
構成・文/昼田祥子

PROFILE 室井 由美子

真似しやすいベーシックなアイテムを使いつつも、しっかりとトレンドをおさえた等身大のおしゃれセンスで、ミモレ読者が絶大な信頼を寄せるスタイリスト。インスタグラム:@yumikomuroi