おしゃれ更年期の処方箋2「似合うパンツがあれば 人生、楽になる」

2016.3.23

スタイリスト室井由美子さんが指南
似合うボトルパンツの見極め方

おしゃれ更年期特集の一つとして、正しいパンツの選び方をご紹介。前回取り上げたワイドパンツに続き、今回は「ボトルパンツ」にフォーカス! さっそく、スタイリストの室井由美子さんにレクチャーしてもらいました。

行ったのは
トゥモローランド 丸の内店
ミモレ世代のおしゃれには欠かせない、トゥモローランド。去年リニューアルして話題の「丸の内店」にお邪魔しました。白を基調とした広々とした空間は、ゆったりとお買い物が楽しめます。

優秀なボトルパンツを発見!
引き続きモデルは碓永真夕さん(右)。スタイリストの室井さん(右)がさっそく目をつけたのは白のボトルパンツ。「シルエットがキレイ〜似合いそう〜!」と盛り上がり中。PRの尾城さんにアドバイスをいただきながら撮影スタート!

自分に合う“ゆとり”を見極めて
体型が変わったミモレ世代。それを受け止めてくれるのがタックの入った「ボトルパンツ」です。下半身のボリュームをふんわりと隠してくれるので、似合う一本が見つかれば、おしゃれに迷わなくなります。毎日の着こなしがぐっと楽になる。パンツによって、タックの位置やボリューム感に個性がありますので、ご自分の体に合うものをぜひ探し抜きましょう。(室井さん談・以下同)


似合ってる?
ボトルパンツを試着したらこの3つをチェック!

POINT1 必ずウエストインでバランスを見よう
「ボトルパンツは、逆に太って見えそうで…」と言っていた碓永さんもこの笑顔! お似合いです♡ 最近はフロントインして着るトップスが多いので、試着の時も必ずインしてから。
POINT2 タックを確認したら屈伸しよう!
室井さんのオススメの一本は、定番で出しているパンツを進化させた新作。まずはタックが広がりすぎていないかを確認。もしも広がっているなら、サイズを1つ上げましょう。このパンツは太ももにも少しだけゆとりがあり、大人の体に似合う作り!  何回か屈伸して、太ももに変なハリを感じないか、ウエストはきつくないかをチェックしましょう。
POINT3 ヒップのラインを横から見よう!
こんなふうに横から見たとき、お尻がまあるく包まれている状態がベスト。変なシワが入っているときは、サイズが合っていない証拠。サイズを1つ上げましょう。このパンツのように「股上が深め」のものは、腰のハリを目立たなくしてくれます。
POINT4 使いやすい丈は“くるぶし上”
意外と悩むのが丈問題。くるぶしの上ぐらいの丈が、フラットシューズにもパンプスにも合わせやすいです。