岡野瑞恵 「キレイ手帖」

2016.5.5

休日用にマスターしておきたい
「ちょっとそこまで」のワンマイル・メイク

家でリラックスして過ごす時間、皆さんはどんな服装で過ごしていますか?

朝起きたらすぐに寝間着から部屋着に着替える。一日中外出する予定がなくても部屋着に着替える――つまり、眠っている時間以外は寝間着では過ごさない、と断言されている知人がいます。その理由は、リラックスするつもりが、ダラダラしすぎてしまい、結果、疲れが倍増するからだそう。

重宝しているグレーのオールインワン。シャツを羽織れば、ワンマイルウェアに! こちらは、ドイツのセレクトショップから生まれたオリジナルブランド「SUNDAY IN BED」のもの。肌あたりが柔らかくリラックスできる素材なところもお気に入りです。代官山にある、felice di dareで取り扱っています。

外出する予定がないときは寝間着のまま、そもそも部屋着と寝間着が兼用という方には耳が痛い話かもしれません。でも、知人の話を思い出す度に、「確かにそうだな」と思うのです。誰に見られることがないときでも、身なりを最低限、整えておくだけで、シャキシャキ動けて、1日が気持ち良く過ごせるのです。

私は、部屋着に大好きな赤を着ることが多いです。ヘアメイクの仕事柄、普段、黒や白を着ている時間がどうしても長くなってしまうからでしょうか!?

そして、寝間着=すっぴん、と考えるなら、やはり部屋着にあたる休日用のミニマムメイクもぜひマスターしておきたいところ。

おすすめの三種の神器は
①少し肌がクリアに見える補正効果があるBBクリーム
②ナチュラル眉に仕上げられる眉アイテム
③血色程度に色づくリップ

です。この3アイテムさえあれば、テクニックいらずで「ちょっとそこまで(近所への買い物や散歩など)」のワンマイル・メイクになるので揃えておくと重宝しますよ。

<左上から時計回り>
眉/ブレンドしやすいパウダー3色がセット。ふんわりとしたナチュラル眉が描きやすい。トムフォード ブロースカルプティング キット02
BBクリーム/ハイライトになるバームもセット! エスティーローダー クレッセント ホワイト BBクリーム&ブライトニングバーム
リップ/唇のPhに反応して発色するから、自然な血色が実現。リップクリームのような付け心地♡ パルファム ジバンシー ルージュ アンテルティ テンプテーション09

疲れているのにメイクをわざわざしたくないと思われるかもしれませんが、不意に鏡にうつる自分の疲れ顔を見て、さらにどんよりしてしまうこともありますから! 簡単なメイクをするだけで軽くスウィッチが入り、せっかくのお休みをむやみにダラダラしてしまうことを防げます。

起きてすぐに、寝間着から部屋着に着替える。すっぴんにミニマムメイクを施す。有意義なお休みを過ごしたいときに、どうぞ気持ちを奮い立たせて実践してみてください。

皆様、素敵なゴールデンウィークをお過ごしくださいませ。