2016 May. 31

three dotsのTシャツ。
「黒、半袖、V」2着を較べたら

昨日公開したthree dotsの記事。

「Tシャツ放浪記」だった私が、久しぶりに出会った「大人のTシャツ」について書かせて頂きました。昨日、今日と2回に分けてご紹介させて頂きますね。というのも、お店を訪れて大興奮。同行した川良、川端が「ヒク」くらい……。けれど、おわかりいただけますよね? この嬉しさ。

1度仲違いした女友達と、偶然出会って何となくそのままご飯を食べたら、一気に「お互いの不在」を埋められた嬉しい夜、みたいな感じ(笑)。

そんな気持ちになってしまい、実は「黒、半袖、Vネック」を、ほんの少しのデザイン違いで2枚手に入れたのでした。昨日ご紹介したのは、少し長めの半袖。そして今日、アップするのは少し短めのタイプ。(昨日アップしてからの数時間、写真とリンク先が違ってしまったタイミングがありました。大変申し訳ございませんでした。以後、このようなことがないよう細心の注意を払います)

着たらその日のうちに洗ってすぐ着たい、こんな真夏の主役アイテム。気に入ったものがあったら、もしかしたら大人買いしたほうが良いのかもしれません。

昨年来大人気の白のベーシックTシャツは、私はやっぱり難しい。日焼けが中途半端に残る肌にも、あとはヨガもピラティスも苦手でなかなかボディメイクできていない身体にもイマイチ。(Tシャツは肩と腕で着る、と実感しています)

今季着たい、こんな服も、こんな着こなしも。黒のTシャツがあれば! 顔の印象をぐっと強くし、Tシャツの着こなしを「中途半端な近所服」から格上げしてくれると思うのです。

袖の長さが微妙に違う2枚は、上に羽織るものや、全身で見たときの「黒の分量」をどうしたいかで着分けようと思っています。

左は袖が長めのタイプ、右は短めのタイプです! ごめんなさい、ほとんど違いがないんですが。どちらも捨てがたく結局両方……。

白やグレーのTシャツが、何だかぼんやりして見える、「キマらない」。そんな方、是非黒のTシャツを試してみられてはいかがでしょうか。

大草 直子

  • 本当に微差なのですが、左のほうが少し袖が長いです。Vの開き具合や身頃のゆとりは、ほとんど違いがなく、2枚あれば、1週間に5日は黒のTシャツでスタイリングできそうです。
  • 黒のTシャツにしたのは、自然とこんな小物たちが集まったから。シーズンはじめは、小物を手に入れるようにしています。その季節の「気分」がはっきりとわかるから――。クラッチ/アドーア サンダル/ファビオ・ルスコーニ サングラス/レイバン ブレスレット/ドゥーズィエム・クラス
 
CREDIT :

【スカート(左の写真)】
Tシャツ/スリードッツ
スカート/マルティニーク
サングラス/レイバン
バッグ/アドーア
サンダル/ファビオ・ルスコーニ

【デニム(右の写真)】
Tシャツ/スリードッツ
デニム/マウジー
ジャケット/ウィム・ガゼット
バッグ/ヴィアバスストップ
ミュール/セルジオ・ロッシ