発田美穂の「欲しいものだらけで困る!」

2016.7.5

白Tシャツコーデ、
今年の場合

梅雨だというのに、今年はすでに暑い日も多いですねー。夏は大好きなんですが、急激な気温の変化には体が追い付かなくなってきている今日このごろ。先日の真夏日には、いきなり顔がむくんで、しかも移動が多かったので歩くと息が上がっちゃうし、なんだかもう・・・。(コラムの文章、ボヤキから始めることが多いですね~。ボヤッキー)

話は変わりますが(いきなり!)、若いころはどちらかというと汗はかきにくいほうで、水分もあまり欲さないほうだったのに(ビールを除く)、このところ、しっかり汗をかくように体質が変わってきました。これはきっと、“加齢ちゃん”のしわざ。となると、どうしてもTシャツの出番が増えてきます。でも大好きなTシャツとデニムばっかりでは、あまりにも吉田栄作すぎるので、Tシャツをキレイめに着る方法や、スカートとのコーディネイトなど、少しでも変化がつくように毎日あれこれ考えています。

普段づかいの白Tシャツ、おすすめはこの2枚です。

<右>超超イチ押しの、ユニクロのクロップトTシャツ。あまりにも使えるので、白×2、黒、グレーと大人買いしました。<左>ヘインズの2枚セットパックT。いろんなブランドやセレクトショップとのコラボがたくさん出ていますねー。私はプラザで購入しました。

そして、これらを使ったスタイリング、今の気分はこんな感じ。

ユニクロのクロップトTシャツを使ったきれいめスタイル。ネイビーのプリーツスカートがミモレ丈なので、短いクロップト丈とのバランスが◎。スカート/シークレット クロゼット ハット/ロンハーマン クラッチバッグ/ピエール アルディ
ややハイウエストのガウチョには、身頃が細身のヘインズTをインして。白Tシャツというカジュアルアイテムがベースだと、スカーフづかいもこっ恥ずかしくありません。ガウチョ/マルニ スカーフ/エルメス バッグ/マンサー・ガブリエル

ちなみに、Tシャツは必ずアイロンをかけて着るようにしています。それは中年として、最低限の身だしなみかと。洗いざらしのTシャツが似合うのは30代前半までです(これホント)。きれいめのアイテムや少しモードなものを合わせるためには、それにふさわしいTシャツが必要。必ずしも高いTシャツである必要はないんですが、きれいに手入れされたものであることはマストだと思います。

あとアイロンがけって、始めるまではやや億劫なんですが、やり始めるとものすごく楽しい! 気分すっきり、ストレス解消になるので、私はTシャツのアイロンがけが結構好きです。スパーーっと、シワが伸びる快感~!!