2016.9.21

高機能で可愛い! バレンシアガのミニ財布。

すごーく小さくて、手のひらサイズ。

かれこれ長いこと、お財布はお札を折らないで入れられる(風水的に良いと聞き)長財布を愛用してきたのですが、パリに来たらこれ、しばしば困るようになりました。

というのも、パリだと小さいポシェットサイズのバッグで行動する機会が非常に増えたから。

東京に居たときは、一度家から出たらそのまま戻ることなく夜まで出かける日がほとんどだったため、必然的に書類も入るA4サイズな仕事バッグを持ち歩いてました。

ところがパリは、夜のごはんもスタートが遅く、かつ街が小さくてそれほど時間をかけずに自宅に戻れるので、夜の会食などは一度家に帰って身軽になってから出かけることが多くなったのです。

が、バッグが小さくなると、当然あまり入らない。私はもともと背も小さいので、ポシェットでも小ぶりが身体のサイズにはちょうどよく、そうなると

iPhone、定期券、口紅

のマストアイテムを入れて、そこにデジカメを入れようとすると、長財布は入らない……。仕方なく、ミニジップロックにカードと最低限の紙幣を移して持ち歩いたりしていたのですが、もはや大人としてこれはマズイと思いまして。。

3ヶ月ぐらい考えた末(そんなに考えるほどの値段でもないが)、買っちゃいました! バレンシアガのちい財布(©SPUR編集部)。

これ、SPURのインスタグラムに掲載されていて「ほしい!」とひと目惚れしたのですが、カードも紙幣もコインも入るのに、三つ折りなので、ものすごくコンパクトなんです。

開くとこんな感じ。カードは3枚まで入ります。

素晴らしく高機能でいて、見た目もなかなか可愛い。ピンク×黒のヴァージョンもありましたが、素材感がちょっと固めだったので、こちらの蛍光イエロー×黒のほうにしました。

使ってみたら、とにかく便利! 軽いし、無駄にコインを貯めないように小銭もこまめに払うようになり(つまり真剣に最後のサンチームまで値段を聞くようになる)、ポシェットにはラクラク入ってストレスなし。色んな人に「それ、いいね!」と言われて、また満足。パリではお値段もそれほど高くなくて、225ユーロでした。

今現在の、私の超絶おすすめです〜!

そしてクレジットカードなどは、別のカード入れにまとめる方式にしました。最近知り合いがお財布をすられてカードを止めたりするのが大変だったのを見て、やはり別にすべきだな、と思い。