2016 Nov. 21

クロエの「ブランケットコート」、
超絶可愛いです!

ピンヒールを毎日履くのも無理だし、毎日電車で通勤しているし。撮影でひざまずいたりすることもあり。やっぱり、カジュアルが好きです、私(突然!)。多くのラグジュアリーブランドが出している、自立した、エレガントでタフな女性像も、年齢的に1度はトライすべきかも、と逡巡しながらも、結局リラックス&コンフォタブルに落ち着いてしまいます。世代的なものもあるのかなあ。

と、そんなことをぼんやり思いながら、別件で訪れた、ステディスタディ(ファッションからライフスタイルまで――たくさんのブランドを扱うショウルームです♡)で、クロエのコートに目が釘付けに。

ブランドの中でも、どこか肩の力が抜けていて、可愛らしさがあって。柔らかで優しい色が中心のクロエは、ずっと好きなブランド。黒を着ない時期が長かったので、あの独特のクロエベージュと言われる、ほのかにピンクがかったベージュに夢中になっていたのも事実です。実際、もう4年着ているファーのジレや、夏のコットンパンツなど、数は多くないですが、何枚か持っています。あ、もちろんバッグも。

そして、今回ロックオンされたのが、こんなライトなコート。まるでブランケットを肩からふわっと羽織ったような、軽さとカジュアル感が最大の魅力。鋭角な部分が1つもなくて、ポケットのエッジすら丸くて。着ているだけで、普段意識しないとなかなか出てこない(泣)女性らしさを、実感できそうです。ショルダーラインが下のほうにセットされているので、今年流行のボリュームニットとも相性が良さそうです。ドレスやワンピースなど、羽織るものに困るアイテムにも良さそうですね。もちろんベージュだし!

と試着させて頂きました。大笑いしていますが、か、軽い! しかもじんわり暖かくて、脱ぎがたく(笑)、時間をかなりオーバーしての滞在になってしまいました。というわけで、動画での取材シーンもありますので、よろしかったら。

 

プライスもなかなかなプライス(¥305000(税抜))なので、なかなか決められるものではありませんが。このエターナルな大人の可愛らしさは、超魅力です! 

今年欲しいものは、とにかくニット&コート。これも厳寒予報に備えているのかもしれませんね。

大草 直子

  • こんな、トグル使いがアクセントのショートブルゾンも。これも、絶妙なソフトベージュです。¥215000(税抜)
  • 表情のあるざらっとした素材が今年らしい1着。流行のボリュームのあるパンツとも相性が良さそう。¥269000(税抜)
 
CREDIT :

コート¥305000(税別)
デニム/リーバイスのリメイク