2017 Oct. 5

新作、定番、ジャケット。
最近の大草デニム事情

めっきり秋が濃くなってきましたね。このくらいの気温で下がり止まれば良いのに。今年の冬も、寒さへのボヤキから始まることが多くなるかも。すみません。だって、今年の冬、すごくすごく寒いみたいです。ぞぞー(泣)。

さて。秋のおしゃれが楽しい時期、デニムが変わらず大活躍です。おしゃれ更年期の只中、一瞬デニムと仲違いしていましたが、ハイウエスト、ブラックデニム、テーパードなど、さまざまな新しいデニムが登場し、それも呼び水になって、めでたく良き仲間に復活しました。デニム。

最近のデニム事情はこんな感じ。とにかく今年っぽいのがブラックデニム。生(ロウ)に近い真っ黒も愛用していますが、ジャケット復活の今年、お気に入りのネイビージャケットと似合うのは、こんなシルバー色。ジャケットだけでなく、何と合わせても、今年っぽくこなれて見える絶妙な色です。今までもご紹介していますが、アッパーハイツのTHE HIS。サイズは24です。モモのあたりはゆったりと、裾に向かって細くなるテーパードタイプ。適度なハイライズ。ただ、あくまで適度。おヘソくらいまでのウエスト位置は、下っ腹とか気になるよねー、という悩みにもぴったりです。裾の加工も今年っぽくて大好き。

この日、たまたま鈴木もアッパーハイツ。連載でも紹介していましたが、日本のブランドだけにはきやすさは最高です♡

あとは、ミラ オーウェンのインディゴ。ミラは、デニムのデリバリーがとにかく頻繁。その時の気分をがしがし掬い取ってくれる! 何よりプライスがすごい。全て9000円くらい。サイズ展開が少ない←小さめなのが残念ですが、体型に合うものをかなりシビアに吟味できるから、まあ、それも良し。ハイライズ気味、レッグ部分に切り替えがある、流行ど真ん中、80年代風。何を合わせても今っぽくなるからすごいです。

最後に、夏には手に入れていた、シクラスのデニムジャケット。今季は超ビッグなシルエットがINというのはよくわかってはいるのですが、やっぱり婦人にはバランスが難しいんです。このシクラスの1枚は、面も、きれい。ドロップショルダーで、うなじを抜いて着るタイプなので、シルエットが、断然新しい! きちんとしたジャケットとしても着られます。

と、生粋のデニムLOVERのデニム事情いかがでしたでしょうか。みなさまも、お気に入りのデニム、ぜひ見つけてくださいね。

大草 直子

  • ミラ オーウェンのデニム。ハイライズだから、ショート丈のニットとも好相性♡
  • こんなふうに肩掛けしてもズレないのが嬉しい。きれいなカラーのパンツとも合いそう。