こんばんは、編集部・大森です!

instgramを見ていただいている皆様はご存知かと思いますが、私、朏(ミカヅキ)、柳田、の3人の編集部スタッフは米沢におります。広島に続き、サテライト編集部がスタート! お茶会、記者会見があった初日は編集長もジョインしましたが、現在は私たちとライターの山崎さんが、米沢の魅力を伝えるべく市内を東奔西走しております。

本日は、今回の米沢織プロジェクトのコートの生地を製作いただいた青文テキスタイルさんの取材にうかがいました。


「そのサテライト編集部の裏舞台をタイムラグなくレポートせよ」との任務を受けたギータこと柳田(ヤナギダではなく、ヤナギタなんですって!)ではありますが、初出張の緊張や膨大なる取材写真の整理、通常業務の山積により、溺れそうになっているので、とりいそぎ私が代筆を。

ではありますが、私はギータ青年自体のレポートをしてみたいと思います(本人に内緒で)。
 

まず、初出張の気合の意味をこめて、髪を切ってきたギータ青年。「坂本教授リスペクトヘアなのか?」と聞いてみましたが、答えははぐらかされ、真相は藪の中。本人は何も語りませんが、米沢の方々に「堀内孝雄さんに似てる!」と言われていたのを聞き逃さなかった私は「確かに!」と思い、しばらく「ベーやん」と呼びかけてみましたが、定着せず。ちなみに、本人はまったく意味が分かっておりませんでしたが(苦笑)。

目指している髪型は確認できませんでしたが、この出張前に、「やっと固めていない洗いざらしの髪型が見えるわね」と私が言った言葉を真に受け、「落ち武者!」と突っ込まれるという懸念を払しょくするために断髪してきたもようです(なんでも前髪が顎まであったんだとか‼)。それにしても、あまりに様子が違ってしまったので、東京駅でまったくの別人に声をかけてしまったではないか!

『今日のコーデ』では、かなりのおすまし顔でうつっていますが、かなりの天然BOYです。大草編集長は「こんな風に育て上げたお母さまを見てみたい(いい意味です)」とよく口にしています。
ViVi編集部でも一緒だった朏ちゃんは実は指導社員(講談社では新入社員にはひとりずつ先輩がついて指導するという制度があります)。というわけで、引き続き母のような温かい眼差しで撮影を見守ってます。


「そこを忘れるか!」という斬新な忘れん坊ぶりを披露する一方、とにかく気配りの男・ギータ青年は「そこまでしてくれるのか!」という一発大逆転ばりのホスピタリティを発揮してくれることもあります。

そして、今回、主に撮影担当に任命されたギータ青年は、ライター山崎さんのすべての「あのカットはありますか?」に対応すべく、そして、何より私の「このアングルはよくないね。他にないの?」と言われないよう、とにかく撮って、撮って、撮りまくっております。
 

カフェでも撮る!
居酒屋でも撮る!


ギータ青年、写真を撮りまくっているわけですが、お気づきでしょうか……そう、一眼レフカメラを持ってきているのにそれを脇に置き、首からカメラを下げながらもあくまでもネックレスかのように、ギータ青年は、ただひたすら、iPhoneで写真を撮りまくっています。
 

隙さえあらばギータ青年は突如消える。そして、ずっと写真を撮っている。そう、もちろん、iPhoneで。ちょっと一休み中、2階のカフェから外を見たら、こちらを撮影していた横断歩道の向こう側のギータ青年。車にひかれそうになりながら、側溝に落ちそうになりながら……とにかく怪我なく帰京させることが、私と指導社員・朏の最大の任務だわ!

私の年の離れた弟よりもずっと年下のギータ青年。この初出張が、彼の編集者人生にどんな影響をもたらすのかは未知数ですが、とにもかくにも何でも経験して、たくさんのことを感じるのが大切な時期。来月からは新入社員が入ってきて、あなたも先輩になるのだから、この出張でいろいろ吸収するんだぞ!

というわけで、奮闘するギータ青年が執筆する米沢サテライト編集部のもよう、是非、お楽しみに。きっとフレッシュで情熱あふれる記事をアップしてくれることでしょう。

と、ハードルだけ上げて、私の任務は終了とさせていただきます(笑)。