桜が終わると牡丹や菖蒲が美しく咲きます。和菓子は季節の移ろいに敏感なので、その姿形を愛でるのも楽しみのひとつです(もちろん美味しくいただくことが一番の楽しみ♪)

花菖蒲の主菓子です。こなしを絞っただけなのにそのものに見える、まさに日本の美(鶴屋吉信製)

先日開催された日本舞踊の会では、墨のかかった深いお色の着物を着ました。色を抑えたことでシックにはなりますが、老けて見えてしまうのは嫌ですよね。

こういうお色目は何かと便利なので愛用しています♡

金糸の袋帯と、赤い房の白い帯締を合わせたら、そこまで地味にはならずにしっくりしっとりした感じになりました。

どこで撮ってんねーん!という感じでごめんなさい!お腹に手を当ててごまかしていてごめんなさい!

こちらも付下げです。小さいお花や楓の葉が霞にたなびき、水面に浮かび…といった春霞の花筏を描いた細かい柄なので、帯をシンプルなものにしました。こちらの着物ももう10年以上前のものですがとても重宝で、コンスタントに袖を通しています。ところが!今回、公演の劇場内を歩いていたら…バリバリバリという不吉な音が!客席の手すりの端っこに袖を引っ掛けてしまい、見事に脇が破れました…(涙)生地は大丈夫そうだったので、早速ほつれを直してもらうために呉服屋さんに入院しました。
着物の時の動作や所作は気をつけているつもりなのですが、私は粗忽者です。。


日常のあれこれはこちら→instagramもぜひ♡