夏の前と冬の前の限られた期間に、ほんの少しだけ出番がある単衣の着物。特に夏を目前に控えたこの時期は、すっきりと涼しげなお色や柄を見るだけで爽やかな気分になります。

二つ折りにした薯蕷の皮の中にあんこが挟まれています。はかなげな水色と流水の焼印が涼しげです(末富製)

もう10年ほど前になるでしょうか、京都の呉服屋さんで誂えた単衣の付け下げです。イメージをお伝えして出来上がってきたときの感動を今もはっきりと思い出します。包みを開いたときに京町家の呉服屋さんの仄暗いお部屋にぱあっと明るい光が差した記憶があります。

この単衣に七宝つなぎの絽の袋帯を合わせて。王道の可愛さです♡

鮮やかな水色、大好きな和菓子屋さんの包装紙を連想する着物。末富ブルーと呼ばれたりしています。

THE末富、これぞ末富な包装紙です(笑)小さく切ってメモ用紙に利用させていただいています。そのメモを見るだけでほわっとした気持ちになります。

今では少し若々しくなってしまって着る機会も減ってしまいましたが、ずっと大事にしたい一着です。


毎日のいろいろ、instagramはこちらからどうぞ☆