future

社会の今、未来の私
   

素直に謝れない人は、何千万円も損しているかもしれない

2019.7.20

近年、モンスタークレーマーが社会問題になっていることから、対処方法などに注目が集まっていますが、一方で、明らかに自身に非があるにもかかわらず、素直に謝罪できないビジネスパーソンも少なくありません。成功…

続きを読む

PROFILE

加谷 珪一

Keiichi Kaya

1969年宮城県仙台市生まれ。東北大学工学部原子核工学科卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当。独立後は、中央省庁や政府系金融機関など対するコンサルティング業務に従事。現在は、経済評論家として金融、ビジネス、ITなど多方面の分野で執筆活動を行っている。著書に「感じる経済学」(SBクリエイティブ)、「ポスト新産業革命」(CCCメディアハウス)「お金持ちはなぜ、「教養」を必死に学ぶのか」(朝日新聞出版)、「お金持ちの教科書」(CCCメディアハウス)など。

この記事を
クリップ
14clips
close
会員になるとクリップ機能
使って自分だけのリスト
が作れます!
  • 好きな記事やコーディネートをクリップ
  • よく見るブログや連載の更新情報をお知らせ
  • あなただけのミモレが作れます

New Article

新着記事

お腹周りと運動不足を意識して行っていること
デニムと口紅の、最高最幸の相関関係
金曜日に「黒」を着たくなる理由
新着記事一覧へ

Related Articles

関連記事

タクシーの乗り方で、その人の「お金のセンス」がわかる
最近、日本人が他人に厳しくなったホントの理由
「私は“繊細さん”かも?」と思うあなたへ【インスタ読書会】
【岸見一郎さん インタビュー】アドラー心理学に学ぶ〜幸せになる勇気の持ち方って?〜【前編】

Back Number

バックナンバー

【一青窈から医師へ質問】セレブ用のワクチンは存在するの?
コミュ力重視の入試で起こっていること。格差以前の問題点とは
陰謀論を信じる人に言うべき言葉は「ワクチンは安全」ではない
記事一覧へ
新着記事一覧へ