PROFILE

 

加谷 珪一Keiichi Kaya

1969年宮城県仙台市生まれ。東北大学工学部原子核工学科卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当。独立後は、中央省庁や政府系金融機関など対するコンサルティング業務に従事。現在は、経済評論家として金融、ビジネス、ITなど多方面の分野で執筆活動を行っている。著書に「感じる経済学」(SBクリエイティブ)、「ポスト新産業革命」(CCCメディアハウス)「お金持ちはなぜ、「教養」を必死に学ぶのか」(朝日新聞出版)、「お金持ちの教科書」(CCCメディアハウス)など。

著者一覧へ
 
   
Keiko’s パワーウィッシュアカデミー
ユーザー登録・変更