1

スキンケア迷子が取り入れるべきはまず「ビタミン化粧品」から【大人スキンケアの常識】

大人肌の基本はビタミンCかA


ではここからは各種ビタミンそれぞれの効果やおすすめアイテムを紹介しましょう。まずは3人ともに注目している、大人のスキンケアにおすすめしたいビタミンCとAです。


ビタミンC
 

ビタミンCと水を混ぜて1ヶ月で使い切るフレッシュな化粧水も。高濃度のビタミンCが配合されています。

大塚さんがビタミン化粧品にハマるきっかけになったのがビタミンCのコスメ。「実は私、20代の頃はすごいニキビ肌だったんです。それが、ビタミンC入りの化粧品でニキビが跡形もなくなっちゃったの。
ビタミンCは、皮脂を抑えて毛穴を引き締めてくれるんです。余分な皮脂は酸化の原因にもなるので、ビタミンC入りの化粧品でコントロールするといいんですよ」(大塚さん)。

とはいえ「最近、肌が乾燥するのが悩みなのですが、ビタミンCの効果で皮脂を取りすぎたりはしないのですか?」と奥村さんも言うように、40代でビタミンCを取り入れても大丈夫なのでしょうか?
「顔の毛穴の皮脂分泌力は高く、ビタミンCを使ってもその一部が抑えられるだけなので問題ありません。肌が突っ張る気がするのは、水溶性ビタミンCの一部には表面の水分を吸収してしまう働きがあるから。使った後にたっぷり保湿をすれば大丈夫ですよ。それにビタミンCにはコラーゲンの生成を助けてくれる働きもあります。ビタミンCの肌改善はほかにもたくさんあるので大人の肌悩みにオールマイティに対応してくれます」(大塚さん)

 

<特徴>

・皮脂をコントロールしてくれる
・コラーゲンの生成をサポート
・毛穴を引き締め、キメを整える
・メラニンの生成を抑え、シミを予防する


<こんな方におすすめ>

・ビタミンCの効果はマルチなので、年齢問わずすべての方に!
・肌のテカリが気になる方
・ニキビや吹き出物で悩んでいる方
・美白をしたい方

右:新鮮なビタミンC誘導体粉末を使用前に溶かして作るローション。余分な添加成分がなくビタミンCの成分がよりフレッシュな状態で肌に届けられる。myEVERY +Cローション 60ml ¥3500/スキンケアファクトリー
左:ピュアビタミンCが20パーセントの高濃度で配合された美容液。毛穴、くすみ、ハリ、乾燥、キメ改善などマルチな効果が期待できる。オバジC25セラム ネオ 12ml ¥10000/オバジコール



ビタミンA


ハリがなくなってきた、シミやくすみが気になる、などエイジングを感じはじめた肌にイチ押しなのが、ビタミンA化粧品。一度使うと、その肌の差は歴然だとか。
「2カ月前からビタミンAの化粧品を使っています」と、奥村さんも愛用者の1人。美容インフルエンサーの間でも、ビタミンAコスメが話題になっているそうです。そして山根さんは皮膚科でビタミンA化粧品を購入したばかり。「美容液を使ってみましたが、皮膚が薄い肌にハリが出ました!」と言います。
「エイジングケアを積極的に取り入れたい人にはビタミンAですね。私自身もビタミンAが足りなくなるといろいろと肌が不調になりがちです」(大塚さん)と、40代を過ぎたら普段のスキンケアに欠かせないビタミンと言えそうです。

<特徴>

・肌のヒアルロン酸や水分量を増やし、肌を柔らかくしてくれる
・ハリ感がアップする
・シワ改善をする

大塚さん、奥村さんが愛用しているのがエンビロン。「エンビロンを使いはじめて、肌の調子が劇的によくなったんですよ。スキンケアをした翌朝のハリに感動します」(奥村さん)


<こんな方におすすめ>

・積極的にエイジングケアしたい方
・小じわが気になってきた方
・顔がしぼんできた方

右:ビタミンAと多彩な美容成分がハリと弾力のある肌に導くセラム。エンビロン C-クエンスセラム 1 35ml ¥15000/Live Active
左:ビタミンA誘導体入りの美容液。スキンケア初心者でも安心してエイジングケアとして取り入れられる。マテリアプリマ A01 レチノール 30ml ¥8000/チェントトレンタ