2

美容のプロが化粧水を省いてでも使うアイテムとは?【大人スキンケアの新常識】

「何年もスキンケアがワンパターンなんです」。よく聞かれるのはそんな声。年齢を重ね、今までのスキンケアでは思ったような効果が出ない、肌が揺らぐ、エイジングが進む……そんな今こそ、スキンケアの見直しどきです。大人肌にふさわしい、これまでの固定観念をくつがえすスキンケアの常識を、一緒に更新しませんか?  

 

右:雑誌や書籍などで活躍中の美容エディターの大塚さん。中:ミモレでおなじみのブロガー・山根さんは、年齢肌の揺らぎを感じてスキンケアを模索中。左:攻めの美容をする美容インフルエンサーとしても人気の奥村さん。 

ミモレのブロガーとして人気の山根亜希子さんと奥村真理子さん。お二人も40代になり、年々肌悩みが増えてスキンケアを模索中だとか。そこで、長年美容皮膚科医や研究者への取材を重ねてきてスキンケアの知識が深い美容エディターの大塚真里さんに、40代のスキンケアについて指南してもらうことになりました。今回のテーマは「美容液」。大人のスキンケアで欠かせない、美容液の効果について解説してもらいます。

 


スキンケアの常識にとらわれずに、肌に正直に


「スキンケアというと化粧水、乳液、クリームの3ステップが当たり前、化粧水はないと絶対にダメ、と思ってきちんと守っている人も多いかもしれませんね」と大塚さん。
読者の皆さんも、その3ステップが基本で、なかなか美容液まで手が届かない、というのが本音なのではないでしょうか?

ところが、大塚さんも奥村さんも基本の3アイテムよりもとにかく重視しているというのが美容液なんです。
「それは衝撃!まずは化粧水で肌の土台を作らないといけないと思っていました」と山根さんやその他スタッフも驚きです。
「夜は洗顔後に化粧水を省いて、まず美容液をつけています。美容液、美容液、美容液と3つ重ねてからクリーム。化粧水って、肌に浸透するまでに時間がかかるし、美容液の成分を肌にダイレクト入れたいから」とは奥村さん。

奥村さんは、最新コスメをトライしているだけあって肌はツルツルピカピカ!

「私もとにかく夜は美容液を入れ込みますね。化粧水はその名の通り、水分がメイン。萎んだ肌に潤いを与えたい、透明感を出したいときはぴったりですし、次に使うアイテムのなじみもよくなります。一方美容液は、スキンケア化粧品の中では美容成分がしっかりと配合されているアイテム。40代の肌にはこの美容成分をしっかりと肌に入れることが必要なんです」(大塚さん)。
 

最近、スキンケアの見直しをしているという山根さんに大塚さんがレクチャー。美容意識が高くない人でも使いやすいアイテムを教えてくれます。


3人の美容液の使い方、量は?

「化粧水は使わないのですか?」という質問に「肌に透明感が欲しい朝は使いますね。化粧水は気持ちいいですし!」と大塚さん。奥村さんも同様に、朝、化粧水を使っているそうです。

美容液は化粧水と比較すると容量のわりに値段が高いのも事実。美容成分を余すところなく肌に浸透させたいものですが、その使い方にコツはあるのでしょうか?

「美容液は洗顔後の肌にすぐに塗ると効果を実感できますよね」と言う奥村さんに、「化粧水で肌が濡れている方が美容液の成分が浸透するのかと思っていました!美容液の直塗りをやってみよう」と山根さん。

「美容液にも水分は入っているから、奥村さんのように化粧水なしで使っても大丈夫です。コツとしては小さじ1弱くらいたっぷりと使うこと。美容液の成分が肌に直接届いて、効果が最大限に実感できます。美容液は高価なものも多いし、予算的にそんなにたっぷり使えないという方は、これまで通り化粧水で肌を整えてから使ってください」(大塚さん)。

通常の量
「このようにパール大ひとつ分の量の人も多いと思いますが、40代だと少ないかもしれません。美容液が少量しか使えないなら、化粧水でしっかり肌を整えてから使ってみて」(大塚さん)
化粧水なしのとき
「美容液の効果をしっかり感じたいときには、小さじ1弱くらいの量を洗顔後の肌に思いきってつけてみましょう。少しずつ指にとって、目のキワやほうれい線など、丁寧になじませるといいですよ」(大塚さん)
  • 1
  • 2