9月9日は一年のうちの五節句の、一番最後の重陽の節句でした。
ちょうど菊の花の咲く頃なので菊のお節句とも呼ばれています。

鮮やかな桃色の菊のお花の上に、こんもりと乗った白く細かいきんとん。着せ綿そのものです(末富製)

インスタグラムやFBなどでいろいろな菊の愛でかたを拝見して、ちょっと出遅れた感!

 
 
可愛らしくて大好きな白木の四方盆です♡

床の間には白木に胡粉で菊の花が描かれたの四方盆、柱には茱萸袋に菊の花が添えられた桐板を飾りました。

あらら、白木にシミが…(涙)

板を下げるための紐の代わりに、揚巻房を使っています。以前糸屋さんで求めたものです。いつか使い道があるはず、と思っていましたので良かったです♪

揚巻房の色だけで雰囲気が一変しますね。

もう一枚、お能の「菊慈童」に因んだ桐板があり、秋分が過ぎた頃に掛け替えようと思っています。

本当は菊の花びらを浮かべたお酒を嗜みたいのですが、なにせお酒が苦手な体質で(絶対そう見えないと言われ続けてます笑)やっぱり菊の花の御菓子をいただくことが私の幸せのようです。

野菊も可愛らしいですよね♡お皿も野趣を感じるものにしました(鶴屋八幡製)


☆おやちゃい通信~お野菜に関してビギナー(赤ちゃん)同然の私が「おやちゃい」の気づきをちょこっとメモします。
インスタグラムでもご紹介した、お豆腐とえび団子の餡かけです。まあるい菊のお花と葉っぱに見えて可愛くて和んでしまいました。

これからの季節、あたたかい炊きものの出番が多くなります!

スーパーで購入した冷凍えびを叩いてお塩少々、片栗粉でまとめたお団子と、同じくスーパーで購入したパックの絹豆腐でぱぱっと作れるひと品です。今回のお野菜は上にのせた細いおねぎ。沖縄のおねぎです。馴染みのある万能ねぎより細くて色が濃く、風味もしっかりねぎの香りが強めです。根付きで販売されていたものを購入し、お味噌汁やお薬味にして最後に残った数本を今回のお椀の添え物にしました。日本にはいろいろなお野菜があり、季節によって産地が変わったり、どんどん新しい品種ができたり…まだ知らないことばかりです。日々楽しみながらお料理ができることの幸せを感じています♡


instagramはこちら♡twitterはこちら♡