こんにちは。最近私は寒い日と暑い日が交互に繰り返し、温度調整が難しい日々ですね。
この時期、どんな布団で寝るのが正解かわからず、夜中に暑くなって寝汗をかいたり、冷ましすぎて寒くなったりを繰り返して、最近、朝までぐっすり眠れません。

Photo by Isabella and Zsa Fischer, Unsplash
 

・・・・・・いえ、実は、夜だけではないのです。最近、通勤の電車の中でも職場でも、急に汗をかくくらい暑くなる波がおしよせるんですよねー。

おかしい・・・・・・。私は暑い夏もあまり汗をかかない人です。まさかこれは、ホットフラッシュではないだろうか?

このお方とぬくぬく寝るのは楽しいんですけどねー。

ホットフラッシュとは、のぼせ、ほてり、発汗で、更年期障害の症状と言われています。
実は、私、昨年あたりから、体調があまり良くなかったので、婦人科でホルモンの値を測ってもらいました。でも、ホルモンの値は正常でした。「病は気から」の言葉通り、大丈夫だと思った瞬間、すっかり不調を忘れ、さらに夏に手に大怪我をしたのでそれどころではありませんでした。

しかし、最近の異様な暑さで、ふとまた更年期障害のことを思い出したのです。ホルモン値は正常であったかもしれないけど、揺らぎのお年頃なのは間違いないですから。

更年期の症状といえば、ホットフラッシュだけでなく、めまい、動悸、頭痛、肩こりなどと言われます。書き出すと全部当てはまっていて、本当に嫌になってしまいます(笑)。

それだけじゃなく、ちょっと前に、手の関節の痛み、こわばりもありました。急な痛みにびっくりして、リウマチかもしれないと病院にいったところ、リウマチの兆候はなく、年齢によるものだとの診断でしたが。

痛み・こわばりは、あまり聞かない症状なのでびっくりしますが、先輩方に聞いてみると意外にいろんな人が通っている道のようなのです。

何か病気が潜んでいるかもしれないので、何事も自己判断は禁物ですが、更年期の症状のひとつと知っているだけでも、心の持ちようは違い、冷静になれる気がします。
年齢によるものだと言われた瞬間に、痛みに集中しなくなり、気にしないようになりました。不調って、症状が何故起こるかわからない不安によるものも大きいですね。

更年期の人々を取材していたライターの友人が、更年期のことを話したがらない方が多いと言っていました。ネガティブな気持ちになってしまうこともあるのかもしれません。だからなのか、あまり生の声は聞きにくいように思います。今のところ私は、話したくないという気持ちはないので、まだこの年齢に行き着いていない方、あるいは同士の方、そして自分が快適になるためにも、情報を入手して、提供していきたいなと思っています!

しかしながら、このホットフラッシュ疑惑、まだ確定したわけでも、良い対策を得たわけでもありません。これをきっかけに、敏感なお年頃にも快適な寝具なども気にかけていきたいと思います。皆さんも良いアイディアなどあったら、コメントで是非教えてくださいね。みんな通る道、助け合っていきましょう!

●おまけ「ソロ活報告」●

 

今週、夫が出張だったので、気になっていたひとりしゃぶしゃぶをしてきました。ビールをクーっと飲んだ後に、無言で黙々といただく、しゃぶしゃぶ!楽しかったし、美味しかったー!野菜も豊富でヘルシー。また行きたいです。

 

今日は金曜日、ソロ活日和ですなっ。
それでは良い週末を!