カフェオレさんからの質問
Q.
フェイスラインのもたつきが気になっているというか重症化して、何とかしたいと思っています。 美容クリニックでの治療法を教えていただけますか?
美容エディター・ライター 近藤須雅子さんの回答
A.
劇的に進化中の分野で、治療法も多種多彩

頬や輪郭部分がぼってりしてくると、それだけで太って見えたり、オバサンっぽい印象になりがちでうんざりですよね。かといって化粧品やマッサージだけでは、手応えを感じるのに時間がかかるので、確実に効果を得るにはやはり美容医療が頼りになります。

もたつきの要因は、人それぞれ。肌の弾力が低下した結果、皮下脂肪が支えきれなくなって輪郭あたりにたまってしまっているのか……顔まわりに脂肪がついてシャープさが欠けてしまったのか。さらに、歯を噛みしめる力が強くて、エラの部分の筋肉が張ってしまい、輪郭ががっちりしてしまっているのかもしれません。
それぞれケースによって対処法も異なります。また、同じケースでもがっつり解消するのか、マイルドな改善でヨシとするのかでも、治療メニューは変わります。

● 肌の弾力が低下していたら
肌の弾力低下が要因なら、ウルセラやサーマクールといった医療マシンで肌の自己再生力に活を入れる治療が一般的。頬ラインがきゅっと引き締まるというレベルに達するには繰り返して受ける必要がありますが、1回でも肌質が向上し、たるみ毛穴が引き締まります。継続すれば気になるほうれい線も浅くなっていきます。

即効で目に見える効果を出すには、弾力が低下してへたった部分……こめかみや頬骨の上側などにヒアルロン酸を注入し、顔全体の重心をぐいっと引き上げる裏ワザもあります。

●ほっそりと見せたいなら
贅肉が原因なら、痩せ施術を中心に。顔は血行が良いぶん、脂肪代謝を促すBNLS注射やエレクトロポレーションなどの脂肪代謝マシンも、お腹やお尻よりも効果が出やすいと評判です。しかも、痩せて見えるというおまけ付き。エラ張り筋肉顔にはエラボトックスが効果テキメン。筋肉が落ちて輪郭がほっそり整い、睡眠中の歯ぎしりの癖も矯正できます。正しい位置に適量を注射すれば、食事がしづらかったり、会話の不自由も感じることはありません。

いずれにしても、原因も治療法も多種多様。なので来院の際は、美容外科と美容皮膚科の両方を持ち、幅広い対応が可能な美容クリニックを選ぶのが賢明です。

プチ整形の真実 (講談社文庫)

今まで関心がなかった方でも読みやすい美容クリニックの今を本にしました。よろしければ読んでみてください。

●「プチ整形が気になっています。プロの方のご意見が聞きたいです!」はコチラ
PROFILE
  • 近藤須雅子さん美容ジャーナリスト・エディター。つねに美容情報の最先端にたち、スキンケアや美容医療に関する知識には定評があり、ドクターからの信頼も厚い。著書に『化粧品「効きめ」の真実』(講談社)も。