こんにちは、編集・川端です。

週末、髪を切りました。さらにすごく短くなったニューヘアは、近いうちにどこかで(笑)。美容室に行くのが大好きです! 人に頭を触ってもらって、キレイにしてもらえて、しかも雑誌が読み放題♡♡ なんて贅沢!

家にもあるのに、美容室でまた読んじゃったのは『GINZA』3月号。すごくいい表紙だなあ、と何度も見ちゃいます。

私の仕事柄、美容室によっては、気を使って講談社の雑誌だけを並べてくださるところもあったり。『dancyu』『メンズノンノ』『カーサブルータス』など「女性誌以外をお願いします」とこちらからオーダーしたり……。

最近買って熟読している本は『今日も世界のどこかで ひとりっぷ』です。元『SPUR』編集長の福井由美子さんによるひとり旅指南書。

 雑誌『SPUR』の中のワンコーナーを楽しみにされていた方も多いかもしれませんね。私もその一人です!

「海外ひとり旅回数350回」とは驚異的ですよね。
掲載されているのは10都市。もっと伝えたいことはいっぱいあったでしょうが、厳選されている感じがまた素晴らしい!

各都市のワードローブも愛用アプリも失敗談も載っていて、「なるほど、なるほど」と思わず声に出ちゃいました。

「200インプットして、記事に出すのは20」

と、私が最初に配属された編集長に言われました。
えー! そんな時間ないし! 

でも言わんとしていることは(今はすごく)わかります。わかりやすく伝えるには「100知って100を伝える」じゃダメなんだと。こういう仕事でなくても、どういった仕事でも人生経験においてもきっとそうなんだと思います。

『今日も世界のどこかで ひとりっぷ』は、お伝えしたいことがもっともっといっぱいあるのに、絞って絞って泣く泣くこの情報量にした感がよく伝わります。
そういう意味でも学ぶところの多い本でした。

今ミモレでは、ヘアメイクアップアーティストの長井かおりさんによるベースメイクの指南を公開中です。(取材中、長井さんに化粧を直される私・汗)長井さんもお伝えしたいことの量も熱量もたくさんたくさんある方です。

私は今、皆さんに何かをお伝えできる立場にあって、200インプットしたうちの20かと言われたら、「アウトプット過多」なんです。もっといろんなことを勉強しなくては。インプットは多く、でも鉄は熱いうちに。

そんなことをグルグル考えた週末でした。

ではではまた〜。