今回は、私が日ごろからよく通っている、青山のプレインピープルへ。ディレクターの高山さんとは、このお店が立ち上がる前からのお付き合い♡ 私の大好きなファッション業界の先輩です。海外に住んでいらしたこともある高山さんのお話はとっても刺激的で、ぜひインタビューをさせていだきたいな、と狙っていますが(←近々、実現させてくださいね、笑)、まずは、ショップスタッフの小林真巨(こばやし まみ)さん39歳に、ミモレ世代におすすめのジャンパースカートの着回しでご登場いただきます。こちらのジャンパースカートは、ワンピース感覚で着られてさまざまな着こなしもできるので、とっても優れものです!

Check 1

首周りに豊かなドレープを作る白のブラウスをインに合わせた着こなし。深いVネックのジャンパースカートだから、アンダーに合わせるものを選びません。白×ネイビーのスタイリングに、旬のシルバーのローファーをプラス。やや細めのシルエットだから、フラットシューズでも全身のバランスがきれいです。

Check 2

切り替えのないすとんとしたシルエットのジャンパースカートには、ショート丈のブルゾンを合わせてスタイルにメリハリを。インナーを太目のボーダーにして、柄でリズムをつけているのもおしゃれですね。ふくらはぎ半分くらいのミモレ丈レングスなら、靴のデザインを選ばないから、さまざまなシーンに着られそうです。

Check 3

スリーブレスのジャンパースカートには、上にニットを重ねたレイヤードスタイルも可能です。サイドスリットが入り、少しゆったりしたデザインのニットを、重ねて着てみるとこんな感じ。ライムグリーンの薄手のストールをふわっと巻けば、顔周りが華やかに見えて良いですね!

THIS WEEK'S ITEM

ゆったり着られて、ほっそり見える!
ハリ感のあるジャンパースカート
 

 

意外! 着回しがきく、大人のためジャンパースカート

上下が一体になったワンピース型のアイテムは着回しがきかない、というイメージがありますが、このジャンパースカートは別。身体につかず離れずのシルエット。深く細く開いたVのカット。ふくらはぎ半分くらいのミモレ丈。こんな条件が揃えば、小物やインナー、アウターや靴で、さまざまなイメージにスタイリング可能なのです。プレインピープルの服は、少しゆとりがあるように見えて、着ると、適度にフィットし、立体的なパターンで、大人の身体を本当に美しく見せてくれます。コットンジャンパースカート¥28000(税別)/プレインピープル

BRAND STORY

PLAIN PEOPLE
プレインピープル
 

プレインピープル青山店
〒107-0062 東京都港区南青山5-3-5
tel&fax:03-6419-0978
10:30-20:00 不定休

"ピュアにシンプルに、自然体で心地良く生きる、そんな人間でありたい"と語るディレクター高山さんの思いがこめられた、衣食住のライフスタイル提案型コンセプトストア。リラックスした中にも凛とした美しさを漂わせるオリジナルの洋服から、ファッション雑貨、インテリア小物、こだわりの発酵調味料やお茶まで、独自のセンスが光るセレクトアイテムまで豊富にそろう。人が集うお店でありたいと、月に一度のマルシェなどのイベントも盛ん。取材時は、日本とロシアの古道具を扱う「はいいろオオカミ」と花屋「西別府商店」のコラボ展示販売が。小さな生花や異国情緒あふれる古道具がセンスを刺激してくれる。
2009 年 2 月に南青山からスタートし、今や都内 7 店舗、関西 3 店舗、名古屋、博多、札幌と全国で 13 店舗にまで進出。昨年秋冬からは、カップルで来店するお客さまからのニーズに応えてメンズラインも登場。さらに今年春からは、ディレクターの娘さんがデザインするブランドインブランド「プレインレス」がデビュー。
 

 
  • 1
  • 2