海のような深いブルーから命名された惑星・海王星

海王星は1846年9月23日、イギリス、フランスとドイツの天文学者によって発見されました。先に紹介した天王星と同じく、トランス・サタニアン(Trans-Satanian)であり、肉眼では見えません。
英語名はネプチューン(Neptune)。これはローマ神話にある海の神様の名前(ギリシャ神話ではポセイドン)で、海のような深い青い色であることから命名されました。日本語の海王星は、この神話をもとに命名されたものです。

そんなロマンチックな名前を持つ海王星ですが、実は科学時代の申し子とでも呼びたくなるような発見経緯を持っています。
先に発見された天王星の軌道を、イギリスとフランスの天文学者がそれぞれ計算。「ここにあるはず」と予測したフランスの天文学者が計算結果をドイツの天文台に送り、そこで発見されたのです。
そのため、この海王星の発見は「天体力学の勝利」といわれているとか。そんなロジカルな発見経緯を持つ海王星は、天文学的には科学時代の申し子とも呼べる存在かもしれません。

海王星は、ラッキースター木星=ジュピターの兄弟神

一般的な西洋占星術では魚座のルーラー(支配星)とされ、天空図(ホロスコープチャート)では、ネプチューンの持つ武器・三叉槍(さんさそう、♆)で示されます。

また、金星のハイ・オクターヴ(エネルギーの次元を1段階高めたもの)と考えられています。
ただ、Keiko's Moon Astrologyでは、そのエネルギーの性質から、「木星のハイアーオクターボ」とお伝えしてきました。

金星のエネルギーは、愛・美・富という、どちらかといえば個人的、物質的な豊かさに属するもの。一方の木星のエネルギーは、社会的・精神的な部分を豊かにしてくれるもの。
そして、この海王星のエネルギーは、金星よりも木星寄り、そして木星よりも大きなものなのです。