人気占星術家Keikoがレクチャー!

 

私が天空のサンタクロースと呼んでいる、ラッキースター・木星。
太陽系最強の吉星であり、世の中のムードをけん引しますから、
新月・満月と同様、木星の動きには毎年注目しています。
「月の開運」を意識した後は、木星も視野に入れていくのがおすすめです。

【バイオリズムと運気をとらえる月】・スタートの新月
・実りの満月

約2週間に一度やってくる新月・満月は体調や心のバイオリズムを整えるのにとても便利。新月・満月に願いを書くパワーウィッシュは宇宙とあなたのバイオリズムを合わせて、効率よく願いをサクサク叶えていきます。

【世の中のスポットライトをとらえる木星】
木星は1つの星座(サイン)に約1年滞在します。
ロングスパンで世の中のモードや空気を読むカギになります。

その木星は、2021年5月14日に魚座に入り、6月14日から逆行を開始。
2021年7月28日に水瓶座に戻ってきます。

おりしも、その直前の7月24日、満月が水瓶座1度という「個の目覚め」を促す度数で起こります。

その直後に木星の水瓶座へのリターン。

この流れは、次の木星が魚座に入る12月末まで、「皆がやっているから」「世の中はそういうもの」という呪縛から自由になろう、もっと個性を大切にしよう、という流れを示唆しているでしょう。

木星が逆行するとどうなるの?

とはいえ、「逆行中だから、その流れも大したものではないのでは?」と思われた方もいらっしゃるのでは?

水星逆行の開運アクションでもお話ししましたが、従来の西洋占星術では「逆行する天体は本来の力を出せないため、その天体の司る領域でトラブルが増える」と考えていました。

実際、水星逆行の際に、Wi-Fiが突然ダウンしたり、メールを誤送信してしまったりと、水星が象徴するジャンルでトラブルが起こりがち。

ただ、Keiko's Moon Astrologyでは、逆行期間中はそうした滞りを逆手にとって「見直し」のタイミングとお話ししています。


ラッキースター木星@水瓶座(~2021年10月18日)中の開運アクション・これまでスムーズに進んでいく中で取りこぼしてしまったものの見直し
・まめな掃除と浄化
 

木星はパワフルなだけに、少々大雑把なところも。
だからこそ、来た道を後戻りしていく状態の逆行期間中は、見落としてしまったものをチェックするのに最適です。

また木星は波動の高い天体。

汚れたりくたびれたりして波動が低くなってしまったものとは共鳴できずに、スルーしてしまいます。

木星逆行期間中は、こまめに掃除をして高い波動をキープ。仕上げに、お香やアロマをたいて好い香りをさせることで、空気を浄化させましょう。
木星と共鳴しやすくなります。