2018.1.12

『White Love』 by大森葉子

先日も少し書きましたが、衣替えをしてビックリ! ローゲージ、ハイゲージ。クルーネック、Vネックにカーディガン。ウールにカシミア。純白、オフホワイトに生成り……とにもかくにも多種多様な白ニットが出てくる、出てくる。自分でも、昨年までの自分のことが信じられないくらいに。

それなのに、今シーズンもお店でお洋服を見ていると、知らず知らずまた白ニットを手に取って自分にあててみたり、鏡に向かって「うん、悪くない」なんて思っていたり……(でも、さすがに購入をすべて見送っています)。

果てしない あの雲の彼方へ
私をつれていって その手を 離さないでね


そんなふうに白ニットには私を恋する乙女のようなイノセントな気持ちにさせてくれるパワーがあるようでして。

今回は、「真冬の白が好き」のお話。

白のウール×カシミアニットのハイゲージニットの上から、白のアンゴラのローゲージニットのアウターをオン。そして、ソックス。靴の色となじませたり、パンツと靴の間をつなげてしまうグレ―や黒を選ぶなんてなんてナンセンス! こんな時、チラ見せするソックスは、断然「白」一択!!!
短め丈のパンツとローファーの間には、少しルーズな白いソックス。そう、お手本は『ビリー・ジーン』の際、つま先立ちするマイケル・ジャクソン! そう、そして私は言いたい。あのポーズを真似して捻挫しそうになったことある人、だいたい友達(笑)!!


海外でみつけたもこもこのアウターは、ぬいぐるみ感が可愛い。そして、クルーネックのニットは、ほっこりしすぎないラルフ・ローレンらしい端正な面持ちに一目惚れして、それぞれ数年前に購入。素材もゲージも色味のトーンも少しずつ異なるアイテム同士ですが、「白」同士というだけで(私の中では)、アリ! 今まで合わせてこなかったアイテム同士を、クローゼット前で出会い頭に合わせてみたら、とっても自分の気持ちにフィットするコーディネイトになりました。なんだかとっても得した気分です。

天使がくれた 出逢いは
奇跡なんかじゃないよ

上半身の印象がのっぺりしそうだったので、手元にはコラボさせていただいた腕時計の革ベルトのネイビーを効かせて。(ミサンガ感覚で肌身離さずずっとつけている)ブレスレットの白蝶貝の「白」も今日はいつもより誇らしげ(笑)! 【mi-mollet限定】XC TITANIA HAPPY FLIGHT/シチズン クロスシー(ELLE SHOP)


細かいことは気にせず、白に白をどんどん重ねていくレイヤードスタイル。初夏に、コットンやシルクシフォンやレースの白をレイヤードするのも楽しいですが、冬にはこんな白のレイヤードも楽しいと思うのでしょうが、いかがでしょうか? 

神様 見つめてて 生まれたての愛を
永遠に大切にするから


CREDIT:
コート/海外で購入 この日と同じ
ニット/ラルフ・ローレン
パンツ/ZARA この日と同じ
ブレスレット/ヴァン クリーフ&アーペル この日と同じ

リング/ユナイテッド・アローズで購入
時計/シチズン クロスシー この日と同じ
靴/プラダ

大森葉子

主にビューティ担当。「今日は夏休み?」と聞かれてしまうほどの“ど”カジュアルと「今日は何かあるの?」と聞かれてしまうほどのデザイン性のある服が好き。ほぼ“一目惚れ”買い派。

これまで紹介したコーディネート一覧を見る

許諾番号: 9005756027Y37020