2018.2.26

ゼロから作った究極のコラボレーションアイテム
進捗レポート!

皆さん、こんにちは! 「ナチュラルビューティー」とのコラボアイテムの製作が着々と進行しています。一回目二回目と、今回の素材となる米沢織がどんなものなのかをお伝えしてきましたが、今日は、製作の進捗状況をレポートしていきたいと思いますのでお付き合いください!
 

大草編集長が絵型をチェック


大草編集長のイメージをデザイナーさんが絵型に。この時点で大きく相違がないか、丈感やボリューム感など細かくイメージの共有をします。

この時点では色のイメージ、模様と生地感の共有がされています。この絵型が米沢の機屋(はたや)さんに伝えられ、既存にはない生地をゼロから織っていただくプロセスへと突入します。通常の既製服は数あるサンプルから生地を選んで作られていることを考えると、今回のコラボは本当に贅沢な企画なんです!


大草編集長が吟味した生地を立体に形づくる
待望のトワルチェック


シーチングをトルソーに着せて、立体的なデザインに落とし込む作業。大草編集長がイメージしたフォルムやシルエットを決めていく大切な工程です。

トップスの形やスカートのシルエットなどを吟味。たくさんのトルソーが並びます。大草さんのリクエストに沿い、ナチュラルビューティーのパタンナー担当者が細かく採寸などを行っていきます。
大草編集長の体に実際に布を当ててイメージ。こちらの生成りの生地は一体なにになるのでしょうか。乞うご期待です!
こんなふうに濃淡でたくさんのカラーサンプルがあるんです。トワルチェックをしながら、色のイメージも詰めていきます。


トワルチェックから1ヶ月半後…
ついにファーストサンプルが完成しました!


ファーストサンプルができあがったのは、2017年11月のこと。大草編集長もこの日を心待ちにしていました。さぁ、イメージ通りに仕上がっているのか…。オリジナルの米沢織の生地がどのように今の服に落とし込まれているのか、細かい所までチェックしていきます。

ハンガーにかけられたアイテムたち。いやおうなしにワクワク感が高まるなか、大草編集長は真剣な表情。
実際に袖を通し、素材の質感とシルエットとのバランス、着丈などを細かく確認。「スレンダーに見えるように、生地をもう少しだけ柔らかくすることはできますか?」と大草編集長。
ストライプのスカートは、配色を変更することに。カラーサンプルからベストな組み合わせを再度相談します。

そして何度も何度も修正を繰り返して、完成したのは…


1 軽やかでドラマティックな“ドレストレンチコート”
2 街でもリゾートでも活躍する“艶感セットアップ”
3 一枚でさまになる“美発色シルク混スカート”


小さな生地サンプルが立体的になったときに、「ちょっとイメージと違う」、「もう少しソフトな質感なほうがすっきり見える」など、初めてわかることがたくさん出てきます。その都度、チーム全員で何度もすり合わせていくんです。大草編集長のリクエストにできる限り応えようと寄り添ってくださるナチュラルビューティーの方々の柔軟な姿勢にも頭が下がります。大草編集長を中心にチーム一丸となり、そして米沢の卓越したつくり手たちの力を借りて完成した3つのコラボレーションアイテム。次回、いよいよその全貌をお届けします! 楽しみにしていてくださいね〜!


Vol.1「江戸時代から受け継がれる米沢織とのコラボレーションが実現!
目指すのは、日本のものづくりが根ざす服」
はこちら>>


Vol.2「【大募集】「ミモレお茶会@米沢」に参加しませんか?」はこちら>>

Vol.3「米沢織の魅力とは?〜おしゃれの街・米沢を巡る〜はこちら>>

Vol.5「米沢市と大草編集長の思いがつまったコラボレーションアイテム全貌公開!」はこちら>>

<予告>
Vol.6「
大草編集長が着こなす!「ナチュラルビューティー」×ミモレコラボレーションアイテム」3月9日(金)公開予定

お楽しみに!

ミモレ編集部が米沢へ!
“米沢”情報を大募集!!


編集部からのお願いです! 米沢が地元の方、米沢を愛する方、ぜひ、皆様がご存知の素敵な情報を教えてください。

ミモレスタッフに取材してほしい
観光スポット、ご当地グルメ、お土産、特産品、工房、おしゃれショップ、ユニークな人……など、ジャンル不問!

下の応募ボタンから、店名やスポット名などの具体名を。(簡単で結構ですので)おすすめ理由などもお書き添えいただければ嬉しいです!
※山形県 米沢市内の情報に限ります。
※ご応募に対し編集部から質問をさせていただく場合もございますので、その際はご協力いただければ幸いです。

応募締切:3月21日(水)~11:59まで

構成・文/榎本洋子