海外セレブウォッチャーさかい もゆるの「セレブ胸キュン通信」

2017.2.22

アマル・クルーニー、ジョージに使った“焦らしテク”が判明。
やっぱり恋の「ルールズ」は効果アリ!?

先日、双子を妊娠したことがわかったジョージ&アマル・クルーニー夫妻。
「もう結婚はいいや」と言っていたバツイチの独身貴族ジョージをメロメロにして半年でプロポーズさせてしまった、奇跡のアラフォー、アマルの恋のテクニックが判明しました。

まずはジョージのようにイケメンでリッチで紳士なシングル男性を探すところからスタート! 写真:ロイター/アフロ

ふたりは2013年にイタリアはコモ湖にある、ジョージの別荘で出会い、そこから数ヶ月間、ジョージはアマルのことを追いかけまくったとのこと。これはジョージが人気番組に出演したときのトークで、「僕は数ヶ月もの間、アマルを追いかけ続けたんだよ。メールしたり、電話したりしてね」と語っていたもの。

穿った見方をすれば、当時独身で、友人の話によれば「白馬の王子様を待っていた」というアマルにとって、ジョージはまさに目の前に現れた王子様だったはず。それなのに気がないフリをして、自分からはガツガツせずにジョージを追わせるとは。これはもう、ジョン・F・K・ジュニアを射止めたキャロリン・ベセット=ケネディもバイブルにしていたという、元祖・恋のマニュアル本、『ルールズ』を実践していたと言えそうではありませんかっ。

『ルールズ』とは、『ルールズ-理想の男性と結婚するための35の法則』という、全米の結婚したい女子必読の書。男性を追わせるための手練手管を説いていて、その中のルールのひとつには、「彼に電話したり、彼からの電話にかけなおしてはいけません」というものが。アマルが実践していたのは、もしかしたらこのルール!?

男性は基本的に獲物を追うのが好きだという本能を逆手にとったこの恋愛マニュアル、興味がある方はぜひご一読を♡ 本で紹介されているテクニックを使えば、アラフォーからだって、ジョージを射止めたアマルのように恋の一発逆転も夢じゃないかも!?