2017 Mar. 3

フエギアのジュリアンと、
美しく楽しいNYの夜を

すみません、NYリポートが少し滞ってしまいました…。大きな展示会場を見て回ったり、ショウルームを訪れたり。街をリサーチしたり、コラボのアイテムの相談をしたり。なかなかハードなスケジュールでしたが、本当に有意義な、そして得難い体験をさせて頂きました。

出発前、今回のNYビジットの大きな目的の1つでもある、フエギアのジュリアンのニューショップに行ってきました。オープン前にも関わらず、SOHOのクロスビー通りにあるお店は、おしゃれな女性や、パートナーにプレゼントするためにストップバイしていく男性がたくさんドアをノックします。

本格的なオープンは、春、とのこと。本当は今回の滞在中にオープニングイベントがあったはずなのですが、スタッフへの教育や、さまざまな準備を急ぎたくない、ということでもう少し後になりそうです。

フエギアとの出会いは、半年前。グランドハイアットのリニューアルオープンにあわせて来日していた調香師兼オーナーのジュリアンに、直接香りを選んでいただくチャンスに恵まれました。たくさんの記憶を呼び起こすだけでなく、その香りのイメージを言葉にしたい、と不思議な感覚をギフトしてくれる、フエギアの香り。桃さんのエッセイにもありましたが、自己評価とは違う、別の表情が引き出させる、さらに、香り自体がすうっと自分に入っていくような、香りです。

今回私がジュリアンに選んでもらった香り、毎日持ち運び、忘れると不安になる香り。それは、また今度、新しいショップのインフォメーションと共にお知らせしますね。

さて。今日からメキシコイン! バタやんと2人の珍道中です(笑)。また、後でポストしますね! あ、日本はひな祭り。素敵な1日を。

大草 直子

  • ジュリアンいきつけの、イタリアンレストランでディナー。鈴木と、この日NYに到着したバタやん、そしてフエギアPRの大坪さんと。おいしくて楽しい夜でした。話題はそれこそ、さまざまに広がり。まるでフエギアの香りのように、幸福感にふんわりと包まれました~。
  • ニューショップの前で。採光がきれいにとれる、角なので、店内のドラマティックな光もきれい。私たちが到着すると、得意のギターを弾いて待っていてくれました。たくさんの新しい仕掛けがある、本当に素敵なショップ。長居してしまいそうです。
 
CREDIT :

ジレ/マルニ
ジャケット/アッパーハイツ
ニット/クルチアーニ
パンツ/ドゥロワー
サングラス/プラダ
バッグ/ゴヤール