2017.7.10

訪問先の色から決めると服に迷わない byバタやん

ベトナムでは男の子みたいな格好ばかりしていたせいか、帰国してからスカートをはきたい気分です。この日はボルドーのセットアップで珍しくレディに。

この日のスカートと、広島出張の日のノースリーブ、実はセットアップ。初めてセットで着てみました。

旅のワードローブも「色から決める」のが好きなのですが(その土地らしい色を想像して)、お仕事服もその日に訪問する先のカラーをイメージして決めることも多いです。仕事柄、毎日訪問先も変わりますし、カメラマンの日もあれば、ジュエラーのパーティに出席するする日もあり、服に悩み出すと家を出られない〜。
楽しくもありますが、失敗したな、、、と思うと一日ブルーになりますね。

この日は、SK-Ⅱの発表会とdocomoの打ち合わせ。うむ。

迷うことなく赤ですな

と(笑)。

広告営業だった頃の名残りかもしれません。明らかな競合ブランドのイメージカラーは着ないなどとストイックに守っていたこともありましたが、今はもっとポジティブに楽しむ感じです。

ロクシタンへ行く日は黄色をテーマに。「ディスプレイと同化してるよ〜」と笑われたりするのもなんだか楽しいではないですか。(日々のスタッフコーデをミモレのインスタでアップすることになりました(汗)。詳細はこちらから

 

おしゃれかおしゃれじゃないかは別にして、その日その服を選んだ理由があれば心地いい、というのもあります。気付かれても気付かれなくても自分は満足(笑)。今ここでタネを明かしちゃったのでちょっと恥ずかしいです。

ノースリーブだけだと寒いので、バッグと同系色のカーディガンを。
ペディキュアは赤が多いのですが、全部赤だとレディが過ぎる(照)。ネイビーにしてみました。

CREDIT :
セットアップ/ノーブル
カーディガン/ゴールデングース(この日と同じ
シューズ/クロエ(この日と同じ
バッグ/メゾン マルジェラ(この日と同じ

川端 里恵

ミモレでは主に美容とシステムを担当。身長151㎝。ストリートカジュアル育ちのため、ボーイッシュとプレッピーが大好き♡ですが、本当に学生に間違えられることも……。大人の素敵な女性を目指して日々これ精進なりです。

これまで紹介したコーディネート一覧を見る