こんにちは! 

いかがお過ごしでしょうか。暑い日が続いています、本当に、くれぐれもお体ご自愛くださいね。

さて、掲題の通り、辞めました、インスタグラム。(とはいっても、実験的に、ですが……。)

きっかけは、以前ブログにも書いた、「やちむん」です。器を悠々と選ぶ娘の姿をきっかけに、はたと考え込んでしまったのです。「自分の心地よさを探すのが、いつから難しくなったのか。そもそも、探すものなの?そんなに難しいものなの?」、と……。

そして、日頃から情報に埋もれていると気付き(←いや、盗塁狙う甲子園球児さながらに、情報に向かって走って突っ込んでいた)、一度自分の状況を確認することにしました。

日頃から、ジャンルを問わず読書が好き、雑誌も好き、インスタやウェブサイトも好きです。でも、それが今となっては、私の心を曇らせているのではないだろうか。今の私は、情報のわんこそば状態。もうお腹いっぱい。

そこで、情報の断捨離を決行。なんとなく保管していた雑誌や本を裏表紙にして並べ、中身が思い出せなかったら、それは印象の薄い本と位置付け、要らないものとして処分。……結果、半数減でした。

そして、この勢いと決意冷めやらぬままに、インスタを退会。

それは7月19日の夜でしたので、約3週間ほど経ちます。その時間の中で気付いたのは、iphoneを手に取り、「何気に」情報を見ていた回数や、その累計時間の多さ(!)でした。ほんの2・3分の閲覧でも、受け取る情報は少なくない。他人の「良さそう」ばかり見てしまうのは人としての本能か。

ねぇねぇ、あなたお腹いっぱいなんでしょう?と我に問う事も無く流されていた自分の姿に気づき、ちょっと驚きました。

これでは、完全にリミッタ―の切れた胃袋。情報の過剰摂取。私、でぶってたんですね、欲望が。過去の私を欲望デブとでも名付けておこう。。

欲望デブからのダイエットは運命とばかりに、出会った本、「より少ない生き方 ものを手放して豊かになる/ジョシュア・ベッカー (著)」の中に、気になるメッセージを見つけました。

「いちばん大切なものを最優先にして、その障害になるものをすべて排除する」という著者のミニマリズムの定義です。

 

 

私はミニマリズムに憧れているわけではないですが、欲望デブには必要な要素でした。

私が最優先にしたい、大切なことはなんだろう。

必要な情報って、そんなに多くないはずだ。

でも、うずく好奇心はどうする?

ああ、そうか、必要になったら、ここ(=mi-mollet)に来れば、リアルタイムなファッションも、気になる方のコラムもあれこれ、知ることができるじゃん!クリップしておけば、私に必要な情報だけがまとめられているページを俯瞰できる。と、落ち着きどころを確保した上で、過ごしています。(ミモレのインスタライブ配信を見れないことに、少し後ろ髪を引かれる思いですが……。)

これをきっかけに、少しずつ、自分の生活を見つめ直してゆきます。欲望デブのダイエット、進捗状況はまたいつかのブログで!

では、また!

(写真は、いつかの一番星=金星です。美しい!)