こんにちは!

先週の土曜日、東京ミッドタウンで行われた「器と花展」に行ってきました。
この日は、「文祥窯」の馬場光二郎さんと「migiwa OTA」の太田美際さんのトークショーでした^^

 

まずは展示を♪ 
migiwaさんのお花。すっかり春が来たようなイメージです。
伊万里にある文祥窯の工房にも、大きなミモザがあるんだとか!

 

 小さな花瓶達。
こんな小さな物もひとつひとつ、ろくろで作られているそう。
形も色も様々で、決めきれず・・後日また!

 

馬場さんの器は、一般的には不純物と言われる鉄分の黒い点や、釉薬を塗った際に付いた指の跡もそのまま残されています。
石の選び方や、山への想い。全てが器に現れているんだなぁと。

 

手書きのお皿も。何を載せようか・・考えるのも楽しい! 

 

migiwaさんのお店では、飾る花器や場所、送る相手のことなど、カウンセリングのように聞いてブーケを作ってくださるそうです。
IT企業から、パリ留学を経てフローリストに!
私もお店に伺うのが楽しみです^^

同じISETAN SALONE内には、「ROCIO ロシオ」のコーナーも。

 

 友人で、ROCIOのディレクターでもある林みなさんが、今回のトークショーの進行役でした^^
トークショーの様子を撮るつもりが、お三方の話が楽しくてすっかり忘れておりました。。

 

展示は29日(火)まで。私は、花器選びにもう一回^^
お花好き、器好きな方は是非〜。

それでは、また!