2

白髪を増やさない基本のシャンプー法【研究15年のスペシャリストが回答】

白髪ケア特集、今回は「毎日のお手入れ法」について。年々気になる白髪と上手に付き合う方法、意外と知らないお手入れの仕方について、白髪メカニズム研究15年の「イーラル」で商品開発をする坪田美樹さんにお話を伺いました。

イーラル 化粧品研究部 商品開発グループ グループリーダー 坪田美樹さん
イーラルブランド設立メンバーでもある。お客様の悩み改善のために頭皮ケアおよび毛髪ケアをメインとした開発多数。商品開発から製造、サロン講習まで商品にかかわる一連の流れに携わる。


白髪が増える原因は?

 

「白髪が増える理由はなぜか?」ヘアケアブランドが考える白髪メカニズムと白髪を増やさない方法を徹底解剖。まずは簡単な白髪のメカニズムをおさらいしましょう。

「個人差はありますが35歳ぐらいから白髪がちらほら目立ち始める、という方が多いのではないでしょうか。その要因のひとつである『加齢』。血流停滞、老廃物の停滞などにより、細胞の機能が低下すると細胞機能低下が始まり、メラノサイトの消失・メラノサイトが減少し白髪となるのです」とイーラルの商品開発担当・坪田美樹さん。

坪田さんはイーラルのブランド立ち上げからチームに携わり、白髪を始め頭皮環境の研究を15年もしている髪のスペシャリスト。髪の悩みをヘアケア製品で解決できないか、と日々、商品開発にまい進していますが、ここ最近の髪悩みのトップといえば「白髪」なのだとか。
「年齢を重ねるごとに頭皮の水分や皮脂量の低下により頭皮環境が乱れやすく、頭皮環境の悪化も細胞機能低下に影響を与えるため、白髪の要因になるんですよね。頭皮ケアをしっかりと行うことが大切です」(坪田さん)。

 

ストレスを受けると白髪になりやすい!?


「毛髪を作るエネルギーが減少すると加齢に関わらず、白髪になりやすくなります。ストレスや喫煙・紫外線・肌荒れなどによる細胞ダメージ、過度なダイエットによるエネルギー不足、睡眠不足による体力低下(免疫低下)など、細胞がストレスを受ける要因はいろいろなところに潜んでいるんです。これらによってメラノサイトの機能が低下し、白髪になるんです。

以前は白髪は老化現象のひとつと言われていましたが、最近では10代後半から白髪が生え始める方もいます。若年層の場合、過度なダイエットや偏食などによる栄養不足、20〜30代では育児疲れや社会ストレスにより細胞機能低下が生じ、白髪が増えていると考えられています」(坪田さん)。
 

白髪を先延ばしにできることは可能なの? 


「そうですね。正直、難しい質問です。ですが、『未来へ繋がる白髪ケア』として今からお手入れを始めるということには賛成です。私たちはその定義のもと、頭皮環境に着目しました。商品はもちろん、毎日のお手入れ(マッサージ)でストレスに強い頭皮環境を育み、白髪悩みを少しでも軽減できるよう提案しています」(坪田さん)。

そこで開発したのは、イーラルの「ピュアエッセンス スカルプ」。
「このスカルプは頭皮用エッセンスです。白髪ケアだけでなく、アクアポリン活性による角質細胞の保湿、FGF-7の活性による毛髪強化効果も兼ね備え、2019年にパワーアップしました。
頭皮に塗布した後、マッサージを。毎日、自分の頭を自分の手で触り、メンテナンスを行うことが一番のケアなんですよ。
イーラルでは商品の効果だけでなく、お手入れをすることで相乗効果を得られると考えているため、商品とマッサージの効果的なメソッドを提案しています」(坪田さん)。

毛髪環境を整え、強化する頭皮用美容液。 ピュアエッセンス スカルプ 80mL ¥4200(税別・サロン専売品)/イーラル お問い合わせ先/イーラル お客様相談室 tel. 0120-36-1186
  • 1
  • 2