こんにちは。今週はGW明けの過酷な(?)1週間、お疲れ様です!
さて、GW前のブログで、デスクを購入し「私だけの作業場所」を作ってみたことを書きました。その後、果たしてひとり時間、くつろぐ空間は確保できたのでしょうか?

ダイニングテーブルでパソコン作業をして、片付けてご飯を並べ、また片付けて、パソコンを出し・・・というようなことがなくなりました。パソコンはデスクの上が定位置になったのもうれしい変化です。これはよかったこと!

しかし、自分だけの書斎を持ったわけではありません。私のデスクが置いてある部屋には、夫のデスクもあります。さらには、サイレント練習用の電子ピアノもあるので、夫と私が部屋を使う時間がどうしてもバッティングしてしまいます。

結局、同じ時間帯に同じようなことをしたいのですよ。ちょっとでも先をこされると、なかなか、ひとり時間、作業場所は確保できないんですよね。

夫と2人暮らしの私ですらそうなのだから、お子さんがいらっしゃるみなさん、家族が多いみなさんは、時間的にも場所的にも、ひとり時間を確保するのは難しいだろうと思います。

我が家一番のくつろぎ上手。家の心地よい場所を知っている猫さま。

実家の母が、常々「私の居場所はないのよ」と言っていたよく意味がわかります。家事をして過ごしていると、先に場所を取られちゃうんですよね。

うまくいかないなと思っている時に、これは!と思うYouTubeの動画を発見しました。


私がチャンネルを登録している「北欧、暮らしの道具店」のチャンネルに、少し前にアップされたものです。
夜な夜なキッチン「小学生の子供を持つ、働く主婦のルーティン」


お子さんが寝た後に、自分を自分に戻す時間として、夫とそれぞれの時間を過ごす。自分のお部屋はないので、キッチンで。

キッチンをちょっと暗くしてキャンドルを灯す。音楽を聴いて好きなグラスでお酒やお茶を飲みながら、明日の朝のお味噌汁を作ったり、お花のお水を変えたり、明日バタバタしないように、夜、くつろぎならやっておく。

キッチンでくつろぐには、椅子が必要。普段はキッチンの棚の高いところにあるものを取るために使っている椅子。おしりの形に合わせた座面が心地よく座りやすいのでキッチンゆっくり時間に使えそう。(Zara Home)

いやいや、家事してるし、全然くつろいでないじゃん(笑)とツッコミそうにもなりますが、明日のための貯金としてちょっとしたことをしながら、くつろぎの楽しい時間として演出しているのが、とてもいいなと思いました。

皿洗いって、気分が乗って没頭すると、意外に気分がスッキリしますしね(気分が乗るまでが嫌なんだけど)。音楽を聴きながら、何も考えずに家事をするのは、案外デトックスになるかも。

今日は禁酒の日なので、ジャスミンティーを飲みながら皿洗い。

今の時代、キッチンは女性のものでもないですが、食事が終わった後のキッチンにわざわざ来る人もいないわけで、完全にひとりになれる、確実な場所かもしれません。すごくいいことを教えてもらいました。

昨日の私は、キャンドルで演出するまではいきませんでしたが、iPhoneでインスタライブを見ながら、皿洗いしたり、残ったバナナを切って冷凍したり、確かに、面倒な家事が楽しく思えました。良い効果。

動画を真似て、夜のうちに花の水を変えました。朝きれいな花が目に入るっていい!

キッチンを、ひとり時間の場所にすること(演出つきで)、いいかもしれないです!