暑い日が続いていますね。私は早くもバテ気味ですが、みなさんいかがお過ごしですか。

 

最近、カレーばかり食べてます

暑い夏、カレーが食べたくないですか?私の昨日のディナーは、最近地元で人気のビリヤニ屋さんのチキンカレーとビリヤニにしました。

ビリヤニとは、すごく簡単にいうとインドの炊き込みごはん。細長いバスマティライスを使っています。

「カレーと、ライタ(野菜のヨーグルトサラダ)をかけて混ぜ合わせて食べてくださいね」と、言われたのでその通りいただきました。

左側のカップに入ったのがライタ。ビリヤニ、カレー、ライタ、パクチーを混ぜていただきました。

スパイスをたっぷり使って煮込まれたカレーは、とってもヘルシーで、元気になれる味。ライタと合わせると、まろやかになります。ビリヤニもおいしくて、暑さで弱った体にしみる滋味深い味でした。ご馳走様でした。

 

ビリヤニとの出会いは南インド

ビリヤニとの出会いは、コロナ前、仕事で行ったインドでした。

インドでカレーといえばナン!。インドカレーレストランでは、大きなナンがメニューに並びますよね。私はガーリックナンが大好きなので、本場インドでガーリックナンが食べられると楽しみにしていました。しかし、南インドではカレーにナンではなく、ライスを合わせるのが主流とのこと。(乾燥した北インドでは小麦が育ちやすく、年中暖かい南インドは稲作に向いているのが理由だそうです。インド広いですからね)

南インドのカレーレストランのメニューにナンはありませんでしたが、代わりにビリヤニに出会えたのです

訪問先で私だけの為に、テイクアウトのビリヤニを準備してくれました。「美味しいよ」と、すごくおすすめしてくれました。日本人は辛いものが苦手だからと、マイルドな辛さにしてくれたようです、それでもまだ辛かった。美味しかったのに半分以上残してしまったこと、今でも心残りです。

インドの路上でいただいたココナッツウォーターが美味しかった。この後フライトだけどお腹大丈夫かな?と少し心配しながらいただきましたが、無問題でした!

帰国後知ったことですが、ビリヤニは炊き込みご飯、ひと手間かかっているし、使っているバスマティ米が高価なので、ぜいたくなお料理だそうです。訪問先の方が、気遣って私のために準備して下さったんですね。残しちゃって申し訳なかったと思いました。

インドの日常。私がココナッツウォーターを飲んでいた横には牛さんが。インドは牛が至る所にいらっしゃいます。

食べることが大好きな私、どこに行っても食事は楽しみな時間。それに、食は大切な文化ですよね。いつでもおいしく、お腹いっぱい楽しみたい。そんな体力と胃袋でいるのが目標です。

 

リモートワークのランチにもカレー

リモートワーク中のランチ、何を食べますか?

私は、ついついレトルトカレーに手が伸びます。一人暮らしの残念なところは、カレーやシチューなどの煮込み料理が楽しみにくいこと。カレーを作ったら、2日間はカレーですからね。ほとんど家では作りません。その代わり、ご当地レトルトカレーや、有名店とのコラボシリーズを見かけると、つい買ってしまいます。

最近は、湯煎調理でなく、袋のままレンチンできるタイプも増え、忙しいランチタイムに最適です。レンチンの方が、湯煎より温める時のCO排出量が削減できるため、ハウス食品は積極的に導入しているとのこと。なるほどです。

4種類大人買い。次は何にしようかな?こちらのシリーズもレンジ温められるタイプです。

最近、大人買いしたのが、ハウス食品の至極の一皿シリーズ。

株式会社SARAHが主催する”JAPAN MENU AWARD”を受賞したカレーが、レトルトで気軽にいただけちゃうシリーズ。
スーパーでまとめて売っていたので、大人買いしました!

この日いただいたのは、大阪伽麗伊屋さんの、”欧風ビーフカレー
コクのあるまろやかなカレーは、食べていて安心できるおいしさです。
子供の頃から食べてきた家庭のカレーを思い出す味でした。

カレーランチ。他のカレーもすごく楽しみです

 

暑い夏、美味しいカレーを食べて乗り切りましょう!

それでは、今日も良い1日を。