花梨ママさんからの質問
Q.
【今さら聞けない美容のいろは】 今さら? というような質問なのですが、この前化粧品を購入したら「医薬部外品」と書かれていました。聞いたことはあっても実際、普段使用しているコスメと何が違うのでしょうか? 私が購入したのは美容液です。よろしくお願いします。
花王 スキンケア研究所 上席主任研究員(博士)・次田哲也さんの回答
A.
化粧品 < 医薬部外品(薬用化粧品) < 医薬品 を目安に、自分に合った製品を選んでください。

一般的なスキンケア用品は「薬機法(旧薬事法)」により、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」のどれかに分類され、効果・効能の範囲が明確に分かれています。
わかりやくすると、化粧品 < 医薬部外品(薬用化粧品) < 医薬品 となります。
それぞれの役割りを簡単に紹介しましょう。

● 医薬品
病気の「治療」を目的とした薬のことで、厚生労働省より配合されている有効成分の効果が認められたものです。医師が処方するものもあれば、ドラックストアなどで購入することもできる大衆薬(OTC)もあります。ワセリンや保湿外用剤などがスキンケアに用いられる医薬品です。

● 医薬部外品
厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されています。“治療”というよりは“防止・衛生”を目的につくられています。

「肌荒れ・荒れ性」「にきびを防ぐ」「日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ」「皮膚の殺菌」など、効果のある有効成分が配合されているのでその効果を訴求できます。また「薬用」とは「医薬部外品」で認められている表示ですので「薬用=医薬部外品」となります。

● 化粧品
医薬部外品と比較してもさらに効能・効果が緩和で、清潔にする、美化する、魅力を増す、健やかに保つなどの目的で使用される製品です。
医薬部外品に認められている「肌荒れ・荒れ性」「にきびを防ぐ」「皮膚の殺菌」などの効能・効果は認可されていないので、パッケージなどで表現することはできません。
「医薬品」「医薬部外品」はこれらの表示が必ずあるはずです。購入の際、表示を参考に目的にあったものを選ぶ目安になります。

さて、花梨ママさんの質問に戻りますが、医薬品部外品の美容液を使用しているのですね。つまり、効果、効能は化粧品<医薬部外品(薬用化粧品)となります。花王でもミモレ世代のニーズに合った製品をつくっていますが、たとえば、ソフィーナ アルブランの美容液はシミにアプローチする、独自の美白有効成分「カモミラET」を配合しています。

シミのほかにも「くすみ」「透明感のなさ」などエイジングの悩みにも同時アプローチ。 ソフィーナ アルブラン 薬用美白エッセンス EX【医薬部外品】40g ¥10000(税別)2017年2月21日発売/花王 お問い合わせ先/花王 tel.0120−165−692

しかし、最近オールインワンのようなものもあり、悩みと異なるものが含まれていることもあります。一度カウンターでスキンケアカウンセリングを受けられ、ご自身の今の肌に必要なものを見つけることをおすすめします。 

PROFILE
  • 次田哲也さん/花王スキンケア研究所 上席主任研究員(博士)スキンケア・ファンデーションの臨床効果実験・評価に精通し、 20数年の研究歴から、肌の状態やスキンケア法をわかりやすくアドバイスする。大学の非常勤講師としても活躍中。