こんにちは!

週末、ふと思い立って葉山に行ってきました。
東京から車で1時間!意外と近いんですよね。

目的は「山口蓬春記念館」。
日本画家である山口蓬春(やまぐち ほうしゅん)が暮らしていたご自宅。
今は記念館として、作品だけでなく画室やお庭も公開されています。

駐車場はないので、すぐ近くの神奈川県立近代美術館・葉山に停めました。

 

歩いて数分の距離ですが、途中とてもわかりやすく道案内が^^

 

ここから入ります。

 

玄関までのアプローチでは、梅の良い香りが♪

 

画室は、補正工事で当時のままの姿になっているそう。

 

とても気持ちの良いお部屋で、広い窓からの景色は最高です。
蓬春気分で佇んでみました(笑)
少し見えている大きなミモザも、まもなく満開になりそう!

そして、肝心の絵ですが・・
好みど真ん中!でした。
この日一番良いなぁと思った絵は、

 

上の、なんとも可愛い表情をした白熊の絵。
(絵葉書はのちに描かれた本画で、展示の小下絵と少〜し違いがあります)
こちらは東山魁夷に送られた絵で、スケッチは上野動物園でしたそう。
昭和28年、上野にもう白熊がいたんですね。あれ?ペンギンも一緒??

ちなみにタイトルは「望郷」。
不思議に思ってキャプションを読むと、「ぼんやり空を見上げる白熊の顔つきを見ていたら、国に帰りたいのでは。。と思えてきて」とのこと。
こんな風に思う男性が好きです(笑)

展示は年に5回ほど入れ替わるそうです。
その時期ごとのお花も楽しめそう♪
またお気に入りの場所が増えました^^
次回ブログでは、番外編というか食編を(苦笑)

それでは、また!