こんにちは、編集・川端です。今日はまた新しい作家さんの翻訳ものをご紹介します。

B・A・パリスの『完璧な家』。B・A・パリス氏の処女作で、完璧なカップルに見えて実は怖いサイコ・ミステリーとして2016年版『ゴーン・ガール』だと注目を浴び、イギリスで100万部を超えるベストセラーに。

主人が札幌出張のお土産に買ってきてくれた六花亭のストロベリーチョコをちびりちびり食べつつ、一気読みしてしまいました。この本の家だと、テーブルに直接食べかけのものを置くなんて許されなさそう!

舞台はイギリスの郊外サリー州。ロンドンへも通勤圏内で中流の豊かな人が住む地域だそう。主人公はグレース・ハリントン、32歳。彼女にはダウン症の妹がおり、両親から引き取って一人で面倒を見ていました。ある日公園で出会った超ハンサムで優しいジャック・エンジェルに見染められてあれよあれとプロポーズを受けてゴールイン。

グレースはロンドンのハロッズでの仕事を辞めて、ジャックの用意した郊外の新居へ移り住み、夢のように幸せな新婚生活へと胸を高まらせるのですが……。

私も先にあとがきやレビューを読んでしまうタイプなので、この後の展開が全く幸せでなく、ジャックがどんどん怖くなっていくことを知りながら、このルンルンな時期を読むのは辛い……。

冒頭は、結婚後の友人を招いた自宅での夕食会から始まります。グレースはホームパーティのホスト側の完璧な妻として完璧な料理ともてなしを披露し、ジャックも惜しみなく妻を褒め称えるのですが、、、、なんかすごく緊張感がある。この違和感はなんだろう、と読み進めると、どんどんジャックの異常性が姿を現してきます。

処女作とは思えない安定感。細かい描写に深読みさせる怖さが薄気味悪くずっと漂っています。映画化されないかしら!

我が家は公園の近くに引っ越してきて初めての春。今年のお花見、とても楽しみにしていたのに、週末はずっと天気がイマイチですね。家族とシートを持って出てきたもののさ寒い……。すぐ退散(涙)。

 

最近の外ご飯のマイレパーリーは「カップちらし寿司」です。永谷園の五目ちらしのもとなどで混ぜた酢飯の上に錦糸卵とお漬物、お刺身てきとうに。取り分けたり、遠慮しあって残ったりするのが煩わしいので、人数分作って配ってしまう。

などと、“完璧な家”のように見せて、そうでもなく、いろいろあるけど、人をもてなす時の装ったり、演じたりする感じ、ジャックの家じゃなくてもあるよねー、と思いつつ読んだのでした。

『完璧な家』は『ゴーン・ガール』のように残虐な怖いシーンは出てきませんので、サイコミステリー好きな方は是非!

ではではまた〜。