Kyotomamanさんからの質問
Q.
笑顔が格好良い40代になるには?

大草さんや清原亜紀さんのような、ガハハと笑う笑顔が眩しい40代になれたらと憧れています。ビシッときまったメークよりも、目尻のシワや白く整った歯を剥き出しにする笑顔に魅力を感じるようになったのは、もうすぐ私も40歳になろうという年頃で、ことのほかカメラの前で笑うのが昔から苦手だからでしょうか。

雑誌などで、女性は30歳からは内面を磨くべきなどという話をよく見かけるのですが、正直どういうことなのかピンときません。自分のコンプレックス(例えばふくらはぎの太さや、微妙にエラの張った輪郭)や欠点や弱さ、人には隠したい負の感情などを自分自身で受け止めて認めてあげることができるのが、もう一歩私を大人にするための修行なのかなとも思うのです。そしてそうすることで、毎日のおしゃれをもっと自分のために楽しみ、そしてカメラの前でガハハと笑うことができるようになるのかもしれません。

大草さんは、御自身のコンプレックスとどう付き合いますか?笑顔の秘訣は何ですか?内面を磨くとは、どういうことだと思われますか?

mi-mollet編集長 大草直子の回答
A.
笑顔の秘訣。これまでも何度か聞かれたことがあったのですが、自分のチャームポイントだと思っているので、こうして記憶して頂いていることが、本当に嬉しいです!

私はもともと垂れ目で笑い顔の上、小さい頃から「美人だね」とか「ミステリアスだね」とか言われることはなくても、「笑顔がいいね」と褒められることが多かったので、自分でも大切にしてきたのかもしれません。そのために、歯のホワイトニングは欠かさないし、目尻やおでこに寄るシワは気にしない、と言い切れるだけの強さもホールドするようにしています。

ただし、人によってチャームは違って良く、先に挙げたミステリアスな笑顔――例えば宮沢りえさんのような――も、とても美しいと思いますし、知性の感じられる笑顔――例えば滝川クリステルさんのような――も、間違いなく魅力的なのです。そしてどんな笑顔であろうと、毎日数回は心の底から笑える自分でいる、ということはkyotomamanさんがおっしゃるようにとても大切なことで、そのためには、さまざまなプロセスが必要なのかもしれません。

まず、負の感情は、きっと生きていれば誰もが感じるものなので、それを含めた自分を認めてあげることができたら、とても楽になると思います。「マイナスの感情を捨てなくては! もってはいけないんだ」と感じられる真面目なところも、kyotomamanさんの魅力です!

こんなふうにどんどんご自分を肯定してあげてください。私たち、40代の女性は自分を甘やかすことが、とても苦手です。いわゆるポジティブなマインドって、生まれつきではないんですよ。毎日、自分に言い聞かせることで、訓練して手に入れるものなのです。コンプレックスがたくさんで、人を羨んだりすることに苦しんでいた私が言うのですから、間違いありません(笑)!