前回に続き熊本シリーズです。

今回も美味しいものを追求する素敵なお店や人との出会いがありました。実家に戻ると必ず立ち寄る「コントルノ食堂」。美味しいものを追求する場所には美味しい人が集まるもので、菊池から1時間ほど離れた玉名市からパティシエのお二人がこの日もご来店。素敵な空気感のお二人で、コントルノ食堂のシェフも絶賛されていたので、早速足を運んでみることに。

L’oiseau Bleu ロワゾー・ブルー

L'oiseau Bleu 熊本県玉名市中1798 TEL: 0968-74-5171
 

ショーケースの中に整然と美しくならぶケーキ。まるでジュエリー店のような佇まいで、ケーキの美しさに息を呑んでしまいます。

オーナーパティシエの霜上明宏さんはご実家である和菓子屋さんのDNAを受け継ぎ、東京の名門「成城アルプス」で7年間経験を積んだ後、ご実家に戻りお店を立ち上げました。そして2007年にケーキ職人の登竜門「ルクサルドグランプレミオ大会」で優勝し、日本一に。

(右)オーナーの霜上明宏シェフとパートナーの(左)泉菜月シェフ。泉シェフもフランスのピューレで有名な菓子メーカーボワロン社が開催している「ボワロン杯」で優勝した腕前。お二人の息もピッタリで、最強のコンビです!

正直、呑んべいな私はそこまで甘いものが得意でない性分なのですが、そんな私でも目からウロコ。

フォークを入れた時のしなやかな弾力はこれまで経験のない柔らかさ。フレーバーが口の中で繊細に香り、舌を突かない軽やかな甘さは、甘いもの苦手な人でも美味しく味わえるケーキです。

こんなに食べちゃいました。東京に戻ったらダイエットです(汗)

それに加え、アートのような美しいフォルムは、まさに芸術。

場所が熊本市からも少し離れていますが、食べに行く価値アリ!味のわかる大人の方に食べていただきたいケーキです。

 
こちらのふたつはオーダーメイド。まるで芸術品。こんなケーキもらったら嬉しいですね!

 

ケーキを頬張った後は、菊池シェフのご案内のもと、前にご紹介した菊池のブランド「走る豚」のハム、ソーセージ、ベーコンを製造販売しているお店へ。

燻製工房 縁

燻製工房 縁:熊本県山鹿市昭和町402 TEL: 0968-41-5296 

オーナーの松岡静也さんのこだわりで、使用している素材はすべて熊本で生産される天然素材のみ、燻製の過程でも無添加・無化学調味料にこだわり、子どもたちも安心して食べてもらえるものを・・・という経営理念のもとに作られています。もちろん安全性だけでなく、とにかく美味しい!有名旅館やレストランなどにも卸しているほど、プロにも絶賛される確かな味です。

お土産に早速購入。優しいお味で絶品です!ちなみに、「走る豚」の冷凍肉は渡辺商店のオンラインショップ「きくち村」で購入可能。

「走る豚」の脂の特徴として甘みがあってさっぱりしているということ。女性にも喜ばれるヘルシーな豚肉です。お値段は少々張りますが、美味しさと安全には代えれません。ぜひ一度ご賞味を!

同世代や若い世代が生まれ育った土地に戻り貢献しているのを見ると、頭が上がらない思いでいっぱいになります。同じ熊本でも過疎化が進んだり、商業ベースの土地ではない場所に、感度の高いお店を作るのは並大抵のことではありません。でも彼らの有志によって寂しかった街が徐々に活気付いてくるのを見るたびに、励みや気づきをいただいています。これからますます帰省が楽しみになってきました。

熊本に限らず、故郷の土地のものを食し再発見する旅、ぜひオススメです♡