周囲のご婦人からよく耳にする、ヘアアレンジがおしゃれにキマらないという声。みなさん、口を揃えて「ニュアンスが出ない」とおっしゃるのですが、その理由はズバリ、アレンジをする前にニュアンスを出すための“仕込み”ができていないから。「私たち大人世代には、髪をスタイリングする=キレイに整えるという固定観念がどうしてもあるので、最初はちょっと抵抗があるかもしれませんが、実は、おしゃれなヘアアレンジの成功のカギは、驚異の“ボサボサ”ベースにあるのです」と人気ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさん。このひと手間で出したいところにボリュームが出せて、ラフなシルエットに、今っぽい抜け感も狙えていいこと尽くし。スタイリング剤は、かためのワックスがオススメです。それでは早速、実践してみましょう!

【YouTubeの「mi-molletChannel」をチャンネル登録してさらに動画をチェック!】


ボサボサベースがおしゃれ感の秘密

まずは、小指の第一関節くらいの量のワックスを手の平にとるところからスタート。ケチらずたっぷり。
手のひらと手のひらをこすりあわせる。そこからさらに、指と指の間、指の先までしっかりと伸ばしきるのがポイント。
ワックスがすみずみまでついた手で、耳の周りの髪の根元に手を入れ、無造作に何度もかき上げていく。
シャンプーをする要領で根元から全体にワックスを行き渡らせ、ボサボサになったら、アレンジを始めてOK!

これはNG!

ワックスは、根元からしっかりつけてこそ実力を発揮。指先にだけちびちびとっては全体に行き届くはずがなく、意味がありません。
ワックスを毛先だけになじませるのもご法度。スタイリングをする上でマストな根元の立ち上がりを狙うことができないのが、その理由。

 

長井さんのおすすめワックス

アムリターラ ベジガーデンヘアワックス ホールド 30g ¥1900 ミツロウやシアバターの天然のホールド力を主軸に、ブロッコリーや大根の種を絞った植物由来の美髪成分を配合。髪をケアしながらスタイリングを叶えてくれるスキンケアバーム感覚のヘアワックス。「束感やボリュームも狙い通りに出せるし、大人にマストなツヤ感もそれとなく演出してくれる。乾燥対策としてマルチに使えるので、手に残った分をそのまま手になじませていたら、ヘアアレンジするほど手がすべすべになって、一石二鳥です(笑)」(長井さん)
ユメドリーミング エピキュリアン ヘアワックス 80g ¥3600/ツイギー ミツロウがあくまでナチュラルに髪をホールドし、米粉と天然ミネラルがナチュラルなニュアンスをメイク。「粘度が適度にあって作ったスタイルをしっかりキープしてくれるのに、つけた後はサラっと軽やかでベタつき知らずなところもうれしいポイント。なじませるだけでボリュームを出してくれるので、髪が柔らかい人や細い人にオススメです。サンダルウッドの香りがスタイリング中の気持ちを安らかに癒してくれるところもお気に入り」(長井さん)

 

次回は、今回、長井さんにレクチャーしていただいた“仕込み”テクニックを生かした、おしゃれなポニーテールの作り方をご紹介します。現段階のライオンみたいにボサボサの髪がこの後どんな風に変身するのか、要注目ですよ! 楽しみに待っていてくださいね。
 

問い合わせ先/
アムリターラ tel. 0120-980-092
ツイギー tel. 03-6413-1590

ヘア&メイクアップアーティスト
長井かおりさん

化粧品メーカーの人気ビューティアドバイザーとして都内百貨店に勤務後、ヘア&メイクアップアーティストに転身。雑誌、広告など幅広いジャンルで女優やモデルのヘアメイクを手がける。「長井かおりが教える 永遠の定番メイク」が発売中。最新コスメや、テクニックなども発信しているブログ「おしゃべりメイクボックス」やインスタグラムもチェックを。Instagram:@kaorimake


第2回「ニュアンスのあるポニーテールのつくり方」はこちら>>
第3回「ゴム1本でできるルーズなおだんごヘア」はこちら>>
第4回「白髪も隠せるスカーフアレンジ」はこちら>>
第5回「パウダーで簡単に薄毛を隠す方法」はこちら>>
第6回「指一本でボリュームアップ!女っぽヘアに」はこちら>>

第7回「髪の長さ別・似合う帽子のかぶり方」4月30日(月)公開予定

動画撮影・編集/柳本創、森翔太、国分智之(EMET Creation)
ヘア&メイク・出演/長井かおり 取材・文/石橋里奈 構成/川端里恵(編集部)