前回お教えしたポニーテールと同じくらい、mi-mollet世代のご婦人から人気の高いのが、ルーズなおだんごヘア。一見、難易度が高そうに見えるけれど、実は、皆さんがマスターしたポニーテールの延長線上で簡単にできちゃうんです。なんと、ゴム1本で! そして、ここでもやっぱり大切になってくるのが、アレンジ前の仕込みと仕上げの“引き出し”テクニック。これなしでは、ルーズなニュアンスは叶いません。連載第1回の動画をおさらいしたら、早速、おだんごヘアにトライしてみましょう。

【YouTubeの「mi-molletChannel」をチャンネル登録してさらに動画をチェック!】


ゴム1本でおしゃれなおだんごヘアに

ゴムで毛束をくるっと結んで毛束をルーズに仕上げるだけで、まるでヘアメイクさんにスタイリングしてもらったようなおだんごヘアの出来上がり。サイドから見たとき、自然にハラリと落ちる毛束感や柔らかな毛束の流れも女性らしくて素敵ですよね。いつものコーディネートもグッとおしゃれに仕立ててくれます。


つまみ出しが決め手!
おだんごヘアのつくり方

手ぐしで全体をまとめ、耳たぶの位置でタイトにゴムでひとつ結びに。最後の一周のとき、毛先を通し切らずに残す。ポップな印象になりすぎないよう、低めの位置に設定するのがポイント。
その毛先をゴムの根元に巻きつけて……
毛先をゴムに引っ掛けるように入れ込んでしまいましょう。
ゴムの根元を押さえて、反対側の手で表面の毛束を引き出していく。爪と爪の間を使って毛束をつまむのがポイント。シルエットにラフなニュアンスをつけて。
続いて、おだんごの部分にもニュアンスをつけていきます。結び目を手で押さえながら慎重に毛束を少しずつ引っ張り出して、おだんごをルーズに崩して。
最後に、こめかみともみあげの毛束を指でくるくるとねじり、後れ毛を作る。顔周りにニュアンスができたら、完成。毛先はラフに遊ばせたままでOKです。

カジュアルでありながら女性らしいムードが漂うおだんごスタイル。アウトドアや普段使いにはもちろん、アクセサリーを飾れば特別感も出るので、仕事のあと、会食などかしこまった予定がある日にもオススメ。ポーチにゴムを1つ入れておきさえすれば、どこでもトライできるのがうれしいですよね。最初は慣れなくても、回数をこなすうちに上達していくので、練習あるのみ! この機会に、是非、モノにしてくださいね。

ヘア&メイクアップアーティスト
長井かおりさん

化粧品メーカーの人気ビューティアドバイザーとして都内百貨店に勤務後、ヘア&メイクアップアーティストに転身。雑誌、広告など幅広いジャンルで女優やモデルのヘアメイクを手がける。「長井かおりが教える 永遠の定番メイク」が発売中。最新コスメや、テクニックなども発信しているブログ「おしゃべりメイクボックス」やインスタグラムもチェックを。Instagram:@kaorimake

 

次回は4月9日(月)公開予定です。

第1回「おしゃれ髪はアレンジ前の仕込みが決め手!」はこちら>>
第2回「ニュアンスのあるポニーテールのつくり方」はこちら>>
第4回「白髪も隠せるスカーフアレンジ」はこちら>>
第5回「パウダーで簡単に薄毛を隠す方法」はこちら>>

第6回「指一本でボリュームアップ!女っぽヘアに」4月23日(月)公開予定
第7回「髪の長さ別・似合う帽子のかぶり方」4月30日(月)公開予定

 

動画撮影・編集/柳本創、森翔太、国分智之(EMET Creation)
ヘア&メイク・出演/長井かおり 取材・文/石橋里奈 構成/川端里恵(編集部)